体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽CDや配信が売れていなくても個人の音楽を聞く時間は減っていない可能性

音楽CDや配信が売れていなくても個人の音楽を聞く時間は減っていない可能性

この記事は中杜カズサさんのブログ『空気を読まない中杜カズサ』からご寄稿いただきました。

音楽CDや配信が売れていなくても個人の音楽を聞く時間は減っていない可能性

何度も繰り返される『音楽CDが売れない!』

このところネットを見ていると『CDが売れない!』系の話題をよく目にします。とはいってもこのテの話題は今に始まったことではなく昔から度々持ち上がってきますが、最近ダウンロード違法化法案が数々の問題を指摘されつつ成立してしまったことをきっかけに、また再燃したといったところでしょうか。

 ■参考:「音楽業界「助けて!CDが全然売れないの!(´;ω;`)」」2012念06月27日 『 なんか憑かれた速報』
http://nantuka.blog119.fc2.com/blog-entry-5405.html

さて、このテの話題を見る時、今までは「そりゃ音楽配信が既に主流メディアになりつつあるから、前時代のCDの売上げが下がるのは当たり前じゃないか」と思っていたのですが、調べてみると2007年にこそ音楽配信の伸びで売上げが伸びていたものの、そこからは双方共に売上げが伸び悩み、2007年に4666億円あった市場売上げは、2011年には3539億円と1000億以上の縮小となっています。

 ■参考:「縮み、変容する市場…音楽CDなどの売れ行きと有料音楽配信の売上をグラフ化してみる(2011年版)」2012年3月30日『Garbagenews.com』
http://www.garbagenews.net/archives/1913865.html

つまり「CDが売れない」というのは、最近になっては「(配信含めた)音楽そのものが売れない」ということになっているようです。

さて、これは何のせいなのかというのは、非常に色々な考え方があるでしょう。音楽自体に魅力が無くなった人もいれば、不景気のせいだったり、はたまた他の娯楽に時間を奪われたり。このような理由は非常に多数であり、また事情も立場や世代、そして個人で異なります。故に断定的な一つの理由というものを出すのは不可能でしょう。最近では違法ダウンロードが原因ということで、ダウンロード違法化を含む法改正が様々な問題点を指摘されつつも行われてしまいましたが、私としては全然影響ないとは言いませんが、それが唯一でも主な原因でもないと思っております。

 ■参考:「音楽業界はなぜ縮小したか?」2012年6月23日 『ハックルベリーに会いに行く』
http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20120623/1340426744

1人当たりの音楽を聴く時間は減っているとは思わない

で、ここで思うのが、それでは日本人はここ数年、音楽自体を聴かなくなったのか? ということ。

私は趣味とほんのちょっと仕事柄、CD(主にゲーム音楽系ですね)を今月の税金の支払いヤバいかもとなるくらい買い、常時iPhoneとイヤホンを持ち歩いているくらいで、今ブログを書いている最中も横のセカンドパソコンのiTunesでは『ゼルダの伝説時のオカリナ3D』を流していたりします。たしかに一般の人から比べればCD購入数も音楽を聴く時間も多めと思われますが、それでも私が特別少数派かというと、CDの購入はともかく音楽を聴くという行為自体はそんなに減っていると思わないのですよね。何故そう思うかというと、音楽を聴ける環境というのは確実に増えているからです。

最もポピュラーなのはスマートフォン。トップのiPhoneはそもそも音楽プレイヤーのiPodの発展系でもありますから、軽く音楽を聴くのに適していますし、勿論他のスマホでもそうです。また、ガラケーにおいても多くの場合はプレイヤーを内蔵していますし、着うたをかなり活用している方も多かったでしょう。さらにiPodシリーズなどモバイル音楽プレイヤーの価格も非常に落ちてきて、誰でも手軽に手に入れられるようになっています。一昔前はこのテのプレイヤーが1万円を超さないと手に入らなかったのから比べれば、かなりの価格破壊ですね。そして家に戻ればこれまた低価格化したパソコンがあり、現在のところはCDドライブが突いているPCも多く、またiTunesなどでの音楽配信を楽しむことも出来ますね。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。