ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嘘を見破るヒントはどこにある? 目と表情から読み取る相手のこころ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「目は口ほどにものをいう」ということわざがある。どうやら、万国共通の概念であるらしく、英語では「the eye have one language everywhere」という表現がされているようだ。
以前、『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』というアメリカドラマが放送された。作品は、実在の精神行動分析学者であるポール・エクマンをモデルにしており、相手の細かな表情から嘘を見破り、犯罪やトラブルを解決している。この作品では「目は口ほどにものをいう」ということが体現されている。

とはいえ、私たちが日常で相手の目をみて、表面上の感情を伺うことはできても、相手の本当の感情や、嘘を見破るのは容易ではない。熟練の精神行動分析学者であれば、細かな表情から嘘を見破ることもできるかもしれないが、素人では勘を頼りにするしかない(天才的に鋭い勘で嘘を見破る人も世の中には多くいるが)。

しかし、素人でもすぐにわかる5つのポイントがある。このポイントが分かれば、明日にでも日常生活で利用することも可能である。

(1)感情が分からなかったら、顔の左半分に注目する

あなたにとっては、向かって右側である相手の顔半分に感情は強く出る。感情は、眉毛・目・口に大きくでるが、顔の左半分に特に色濃くでる。これは合成写真をつかって、右側だけと左側だけで表情をつくった実験でも証明されている。試しに自分の顔を鏡でみて、確認してみるのもいいかもしれない。笑顔をつくってみると、左半分のほうに表情が強くでているはずである。
無表情でなにを考えているか分かりにくい相手には、顔の左半分を注意してみて反応を確認してみよう。

(2)目が左上を向く(あなたから向かって右上)

過去に経験した出来事や、昔にみた風景などを思い出している。

(3)目が右上を向く(あなたから向かって左上)

いままでに見たことがない光景を想像している(嘘をつくときにはこの目の動きが関わるパターンが多い)

(4)目が左下を向く(あなたから向かって右下)

音楽や声といった聴覚に関わるイメージを思い出している。好きなバンドを質問したりすると、目は左下を向く傾向が強い。

(5)目が右下を向く(あなたから向かって左下)

身体的な苦痛や快感などのイメージを思い出している。

ポイントの(2)~(4)に関しては、カウンセリングを受けた人の臨床例を集めて分析した結果である。例えば、一度も経験したことがないことについて、経験したかのように話をしている人であれば、目は右上をみて、ゃべっている可能性が高いといえるだろう。

もちろん、全てがこのポイントに当てはまるとはいえないが、相手の嘘や表情を把握しようとする際の目安にして頂きたい。

画像:busitry-photo
http://www.busitry-photo.info/member/014kangaeru/004.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「浅川クラゲ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP