体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニンテンドー3DSLL』が実際に発表! 任天堂が日経に対して「数多くの間違いが含まれた憶測」と否定したわけ

『E3』の任天堂カンファレンス前日に日本経済新聞が報道した任天堂の『ニンテンドー3DSLL』。記事の見出しは「任天堂、新型Wii多機能に カーナビ・電子書籍 スマホに対抗」というもので、『ニンテンドー3DSLL』だけでなく新型据え置きゲーム機『WiiU』についても触れられている。

日本経済新聞が『ニンテンドー3DSLL』の報道を行ったあとに、任天堂側は自社のサイトにてこの件を「本日の日本経済新聞の報道について」と言う見出しで否定。内容は「当社が発表あるいは事実確認したものではなく、数多くの間違いが含まれた、日本経済新聞社の全くの憶測記事」と日本経済新聞の報道を名指しで否定している。

しかし本日『ニンテンドー3DSLL』は発表されたわけだ。任天堂が報道発表した「数多くの間違いが含まれた、日本経済新聞社の全くの憶測記事」という一文に癖があるのである。全くのウソではなく、「数多くの間違いが含まれた」と言う書き方に対してユーザーは『ニンテンドー3DSLL』はデマと思ってしまったようだ。

ではどこが事実と異なっていたのだろうか。実際の発表と日本経済新聞の報道を比較してみよう。

価格
日経:「価格は現行の1万5000円よりも高くなる見込み」
発表:1万8900円

液晶サイズ
日経:「液晶サイズは4.3インチ」
発表:4.88インチ

発売時期
日経:「発売は早ければ2012年夏」
発表:7月28日

以上のように、多少憶測が含まれているかもしれないが、まったく間違った事が書かれているわけではない。逆に価格や発売時期は曖昧ながらも実際に当たっていたのである。このほかに日本経済新聞が報道した『WiiU』についてに対しても任天堂は指摘をしていたようだ。日本経済新聞は過去にも任天堂だけでなく数々の“飛ばし記事”を書いてきており、そのたびに指摘を受けている。今回は憶測通り『ニンテンドー3DSLL』が発表されたが、ほかに報じられている『WiiU』がカーナビになるという情報はどうなるのか?

本日の日本経済新聞の報道について(任天堂)

※画像は任天堂のウェブサイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。