体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代の自殺率はどの世代より高く就活自殺と学生自殺は最多-先進国で日本だけ若者の死因トップが自殺

20代の自殺率はどの世代より高く就活自殺と学生自殺は最多-先進国で日本だけ若者の死因トップが自殺

この記事はすくらむさんのブログ『すくらむ』からご寄稿いただきました。

※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/226667をごらんください。

20代の自殺率はどの世代より高く就活自殺と学生自殺は最多-先進国で日本だけ若者の死因トップが自殺

政府が6月8日、2012年版「自殺対策白書」を閣議決定*1しました。藤村官房長官が「若者の自殺が深刻化するという事態に至っており、対策を強化すべき」と関係閣僚に指示したと報道されています。この「自殺対策白書」(以下「白書」)からいくつかのグラフを紹介しながら若者の自殺の実態を見てみましょう。

*1:「平成24年版自殺対策白書 全文(PDF形式)」『内閣府』http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/pdf/index.html

年齢階級別の自殺死亡率の推移

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-11274653356-12022142953.html

上のグラフは「白書」に掲載されている「年齢階級別の自殺死亡率の推移」に、私の方で20代の増加の矢印を書き加えてより分かりやすくしたものです。

このグラフを見て分かるように、どの年代より20代の自殺死亡率が高くなっています。そして2番目に高いのが30代で、3番目に高いのが19歳以下になっています。若年層の「生きづらさ」がいかにいま深刻なものであるかが分かるグラフです。

学生・生徒の自殺者数の推移

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-11274653356-12022144628.html

上のグラフは「白書」に掲載されている「学生・生徒の自殺者数の推移」です。2011年に始めて1,000人を超えるという深刻な事態を迎えているわけですが、このグラフは「自殺者数の推移」になっていますが、おそらく少子化で学生・生徒の人数は減少しているでしょうから、これを「自殺率の推移」のグラフにすると、もっと深刻な状況であることが明らかになるのではないでしょうか。

年齢ごとの死因順位別

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-11274653356-12022145474.html

上の表は「白書」に掲載されている年齢ごとに死因順位別を見たものです。

この表を見ると、15~39歳の各年代の死因トップが自殺で、男性は20~44歳の死因トップが自殺となっていて、女性は15~34歳のさらに若い世代で死因トップが自殺となっています。

先進7カ国の15~34歳の死因上位3位

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-11274653356-12022146337.html

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。