体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【調査部レポート:SNS 第2回】急成長するニッチSNS

第1回「本当?日本ユーザのSNS離れ」では、今年発表されたSNSに関するネガティブなデータから、本当にユーザーのSNS離れが起きているのかどうかをレポートした。

たしかに、日本のSNSではユーザーがマンネリを感じ始めていたり、海外の大規模なSNSで起きている過剰なフレンドリクエストがユーザーを居心地悪くさせていたりと、ユーザーの満足度の低下による停滞が起きていることは否めないようだ。

しかし、『MySpace』や『Facebook』など、億単位のユーザーを抱える巨大なSNSが停滞を経験する一方で、コミュニティの目的を絞り込んだ「ニッチSNS」に注目が集まっている。第2回は、次世代のSNSとして注目される「ニッチSNS」についてレポートする。

■ニッチSNSが新規ユーザーを開拓する
ユーザーを限定しないMySpaceや『mixi』のような「コンシューマSNS」の伸び悩みを示すデータが提出される一方で、属性や目的を絞り込んでユーザーを集める「ニッチSNS」がトレンドになりつつある。友人・知人や家族と連絡を取り合う「おつきあい」的な性格が強いコンシューマSNS。一方、ニッチSNSではユーザーが欲しい情報を共有することを主な目的としてSNSを利用するのが特徴だ。

HitwiseUKがイギリスで行った調査結果を見てみよう。2006年から2007年にかけて、若年層のユーザー数が下降しつつあるのに対し、高年齢層のユーザー数が増えているのがわかる。

HitwiseUK The Impact of Social Networking in the UK

HitwiseUK The Impact of Social Networking in the UK

これには、2007年10 月にオープンした50歳以上を対象としたニッチSNS『Sagazone』に参加する高年齢層ユーザーが増えたことが影響している。Sagazoneは、高年齢層顧客をターゲットにした保険・旅行代理店『Saga』が運営するサービス。イギリスを中心にユーザー層を拡大し、2008年7月には4万4000ユーザーを擁するまでに成長している。ニッチSNSが新たなユーザ層を開拓しつつある好例だ。

■急成長するニッチSNS
下記の表は、2008年4月にNielsenが発表した「世界のSNSトップ10」にランクインしたSNSの年間成長率を表にしたものだ。世界で最もユーザ数の多いMyspaceの年間成長率が3%にとどまったにもかかわらず、「ビジネスSNS」の『LinkedIn』は361%と著しい成長を遂げた。

Nielson/NetRatings

Nielson/NetRatings

1 2 3次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会