体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイクロソフト VS ガジェット通信 スマートフォンスピードチャレンジ激写対決!

Windows Phone1

6月6日、我が社にマイクロソフトの方々が『Windows Phone』を片手にスマートフォン激写対決を申し込みにきた。勝負内容は、『ガジェット通信Tシャツ』の写真を撮ってその写真を『Facebook』に「ガジェ通なう」とコメント付きで、すぐさまアップロードするという、現代版の早撃ちガンマンのような対決方法だ。今回ガジェット通信(以下、ガジェ通)から挑戦するのはひげおやじと周二郎探検隊の二名。周二郎探検隊は、趣味で一眼レフを使い撮影なども行っている、いわゆるカメラガチ勢だ。使用機種はAndroidのスマートフォン。一方のひげおやじは、なんでも器用にやり遂げる、ガジェ通のダークホース的存在。こういう携帯等のガジェットには非常に強く、最先端の物には常にアンテナを張っている。今回はスマートフォンの正統派『iPhone』を使い、その知識を生かしきることができるのか。

この対決でガジェ通が勝利すると『Amazon』のギフトチケット100ドルが贈呈される。なんとも太っ腹だ。賞品がかかっているということもあってか、二人とも目がわりとガチだ。

マイクロソフト VS 周二郎探検隊

Windows Phone2

序盤に「早そうですねー……」と、油断を誘うマイクロソフトさん。周二郎探検隊は「いやーそんなことないですよー」とお互い言葉でのけん制を飛ばしながら勝負が始まる!! ゴングが鳴り、急いでロックを解除しにかかる二人……? なにやら様子がおかしい。なんと周二郎探検隊、自分の携帯電話のロック解除にてこずる不足の事態に。あわあわしてるうちに、余裕の表情でマイクロソフトさんがあっという間に写真をアップロードしてしまう。

Windows Phone3

何もできずにまさかの完敗。いざという時の操作性の大事さを認識させられる戦いだった。

マイクロソフト VS ひげおやじ

Windows Phone4

脅威的なスピードを誇る『Windows Phone』。ガジェ通メンバーはそのスピードに驚くが、この男は諦めない。勝ちたい、負けたくない。と、小声でつぶやきながら黙々と練習を開始するひげおやじ。マイクロソフトさんのささやき戦術には耳を傾けず、かなり集中しているようだ。これは期待ができるかも。さて緊張の一瞬である。開始のカウントダウンが始まり、ゴングが鳴った。集中してスマートフォンを操作する二人。緊迫した空間にシャッター音だけが鳴り響く。

Windows Phone5

わずか15秒で、『Windows Phone』を使うマイクロソフトさんが写真をコメント付きでアップロードした。これにはひげおやじもびっくり。「早すぎでしょー」と、かなり悔しそうだった。マイクロソフトさんは「日常でよく使う動作が、素早く行えるように設計されているんですよ」と、コメント。速さの裏にはそんな秘密が! 

この”スピードチャレンジ”は、今後もマイクロソフトのイベントで行われる予定。私のほうが速いと思われる方々は是非参加してみよう。もしかすると賞品をGETできちゃうかも。

すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。