体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

80年代の大ヒットボードゲームがスマートフォン連動でパワーアップ! 『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』 を一足先にチェック

80年代の大ヒットボードゲームがスマートフォン連動でパワーアップ! 『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』 を一足先にチェック

バンダイは、1980年に発売して80万個を販売した大ヒットボードゲーム『おばけ屋敷ゲーム』をリニューアル。iPhone/Androidスマートフォンと連動する仕掛けでパワーアップした『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』を7月7日に発売します。価格は3780円(税込み)。開発を担当したバンダイ プレイトイ事業部イノベイティブトイチームサブリーダーの高橋晋平さんに、発売前の製品を見せていただきました。

※記事には多数の写真を掲載しています。すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

スマートフォンがなくても遊べるフルセット

パっと見は、カードを使ってボード上でコマを進める普通のボードゲームですが、ボードにはスマートフォンを置くためのエリアが用意されています。スマートフォンがなくても従来どおり遊べますが、スマートフォンを使うことでより迫力のある演出が楽しめるという仕組み。

和洋折衷のお化けカード

2~5人のプレイヤーで遊びます。手札のカードに書かれた数字だけコマを進め、おばけ屋敷に潜むお化けと対決しながらゴールを目指すというルールはオリジナルと同様。ドラキュラやミイラ男から河童、ろくろ首など和洋折衷なお化けのラインアップも当時そのままです。

タップして皿を数えていき…… 「1枚足りない!」

コマがイベントマスに止まったらスマートフォンの出番。7月7日の発売と同時に配信されるiPhone/iPod touchとAndroid向けの無料の専用アプリ『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』をインストールしたスマートフォンでイベントを進行します。たとえば、プレイヤーが順番に画面をタップすると女性が皿を数え、「1枚足りない!」と女性がはんにゃに化けてしまったら、そのプレイヤーが1回休みになる、などのイベントが25種類用意されています。サウンドや振動が恐怖をあおり、なかなかの迫力ですよ。ミニゲームを遊べるアプリの体験版は6月7日から『AppStore』『Google Play』で順次配信されるので、事前に雰囲気を楽しんでみては。

心霊写真になったらペナルティ

アプリでプレイヤーの写真を撮影し、心霊写真になったらマスを戻るペナルティが発生するイベントもあり、スマートフォンらしいギミックが楽しめます。アプリは今後もアップデートによりイベントなどを増やしていき、飽きずに継続して遊べるようにするとのこと。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。