体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スガシカオが独立後の活動を語る「改めてCD1枚、チケット1枚の重みを感じる事が出来た」

スガシカオ

1日、インタビューエンターテイメント「discord」と、メディアプロジェクトとして年間150回超の放送を行うソーシャルTV局「2.5D」のコラボレーション番組がUstreamにて放送。ゲストにシンガーソングライター・スガシカオさんが登場しました。

「discord」は鹿野淳さんが企画するメディア。鹿野さんは、音楽雑誌『BUZZ』、『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長を歴任し、現在は雑誌『MUSICA』の発行人などマルチに活動。“今、最も喋れる音楽ジャーナリスト”として様々なイベントに出演、音楽フェス「ROCKS TOKYO」のプロデュースも行っています。

スガシカオさんは、日本のミュージックシーンを牽引するアーティスト。自身の作品がヒットを連発するだけでは無く、数々のアーティストへの楽曲提供を行っています。2011年10月には、所属事務所「オフィスオーガスタ」からの独立を電撃発表。メジャーレーベルを離れ、現在は自主的な活動を行っています。

独立後の全国ツアーを大成功させ、自身のブログやTwitterなどで積極的に情報発信はしているものの、メディア露出はこの日の放送が久しぶりであった為、告知を行った瞬間に予約が満席に。限られたスペースに、運よく参加出来た60人が詰め寄せ、スガシカオさんと鹿野さんのトークに耳を傾けました。

一人の寂しさも「スガシカオ」だよね

鹿野:スガ君には先日「ROCKS TOKYO 2012」に出演してもらったんだけど、それこそ9年くらい前の「ROCK IN ON JAPAN」以来イベントで一緒になりました。「ROCKS TOKYO 2012」には、大中小と大きさの違うステージがあるんだけど、スガ君にオファーしたら「小さい所ですよね?」って言ってたんだよね。

スガシカオ:一人でアコースティックだから本当にステージが広く感じて寂しいんだよね。しかもサンボマスターの後っていう順番もおかしい! 「サンボの盛り上がりの後やりづらいなあ」って言ってたら山口君が「ジャンルが違うから大丈夫ですよ!」ってなぐさめてくれました(笑)。最近仲良くしています。

鹿野:でもその一人の寂しさもスガシカオだよね(笑)。せっかく一人になったんだから寂しいままステージに立ちなよ。自分のファン以外の前に立つ事ってやっぱりプレッシャー?

スガシカオ:「ROCKS TOKYO 2012」は事務所もメジャーレーベルも辞めて一人になった後のキックオフ的なステージだったから特に力が入ってた。「ここでコケると俺これからだめだぞ」ってプレッシャーもあって。アコースティックだけどバラードは少なめに、音もかなり出してパワーのあるステージは意識しましたね。

スガシカオ

事務所、レーベルを辞めようと思ったのは3年前

鹿野:一人になると、「俺って宇宙から見るとちっぽけだなぁ」とか思わない?

スガシカオ:すっごい分かる! 本当に思う(笑)。

鹿野:石ころ見て「この中のどれが俺かな……」ってね(笑)。

スガシカオ:辞めようと思ったのは3年前で、色々な人に迷惑がかからない様に色々とタイミングを考えてあの時期に。

鹿野:一人になってまず何したの?

スガシカオ:まず、困った(笑)。 仕事も無いし、ひたすら曲作りましたね。

鹿野:自由って不安と隣合わせだから魅力もあるし、恐くもある。

スガシカオ:TwitterやSNSでみんなとつながってるのに、「何で俺は一人なんだろう」ってより孤独を感じたりね。

鹿野:Twitterと言えば、この間「エログロと無気力がテーマの曲が出来た」って書いてたけど、その“エログロ”と“無気力”って両極端じゃない?

1 2次のページ
エンタメ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。