体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

王道3DダンジョンRPG最新作『エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~』プレイレビュー

王道3DダンジョンRPG最新作『エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~』プレイレビュー

古き良き3Dダンジョン探索型RPGの代名詞ともいえる『ウィザードリィ』の流れをくみ、人気を博したタイトル、『エルミナージュ』。その最新章は……、硬派、厳粛、ゴシック!

王道3DダンジョンRPG最新作『エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~』プレイレビュー

(『エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~』 2012/5/24発売 PSP専用ソフト 発売元:STAR☆FISH)

ストーリーが最新!

今回の『エルミナージュ』はナンバリングタイトルではなく“ゴシック”と新たに銘打たれている。そのためか、ゲームの核となる物語は今のところ従来の作品との関連性はない。これは新規参入者には抵抗なく、そして従来からのファンには新鮮な気持ちで打ち込む事ができるだろう。

そしてその名がかもし出す“雰囲気”がそのままゲーム内の至る所で存在感を放っており、プレイヤーを厳格な中世ファンタジーへと誘う。その濃密な退廃感のなか、冒険者となったプレイヤーは本作の物語を進めていく事になるだろう。

より深き闇に彩られた古の物語を……。

王道3DダンジョンRPG最新作『エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~』プレイレビュー

キャラメイキングが硬派!

さて、この手のRPGいちばんの醍醐味(だいごみ)であり、最も心血を注ぎたい部分であろうキャラクターメイキング。自ら作り上げ、鍛えぬいたキャラクターには計り知れない愛着や思い入れが生まれるというものである。今回の種族&職業ラインナップを、筆者の感想を交えて下記にまとめてみた。

■種族■
人間
能力値は全てにおいて平均的。呪文に対する抵抗力が全種族中最下位。良くも悪くもない。
エルフ
知恵と信仰が高く、呪文抵抗値が全種族中トップ。そして長寿。魔法系職業はお手の物。
ドワーフ
腕力、体力、信仰が高く、知恵と敏捷(びんしょう)が低い。ガッチリ体型。
ノーム
信仰心が厚く、体力もある種族。肉体派僧侶。
ホートルット
敏捷と幸運の持ち主。盗賊といえばこの種族。
フェアリー
腕力と体力以外は高水準。体が小さく攻撃を食らいにくい反面、装備が制限される。短命。
ワービースト
幸運以外の能力が全て高水準であり、攻撃した相手を確率で毒状態にするとてもとても使い勝手の良い種族。犬好きにはたまりませんな! でも銀製品はキライらしいです。
ドラゴニュート
腕力と体力が高く、敵一列に攻撃できるブレスだって吐けちゃう戦闘のスペシャリスト!

■職業■
戦士
装備できる武器の幅が広く通常攻撃が頼りになる。
魔術師
攻撃系呪文のスペシャリスト。
僧侶
回復系呪文のスペシャリスト。霊体との戦闘では非常に頼りになる存在。
盗賊
戦闘後に獲得できる宝箱のワナ解除や、ダンジョン内の隠れた扉を見つける事があったりと、冒険には欠かせない職業。
錬金術師
補助呪文のスペシャリストにして、パーティー戦力の底上げになる“鍛冶” “錬金”が行なえる唯一の職業。
薬草師
薬箱片手にダンジョンへとおもむくパーティーのお薬屋さん。筆者は非常に頼りにしています。
司教
宝箱から獲得したアイテムを“鑑定”して、アイテムを使える状態に出来る唯一の職業。魔術、僧侶呪文両方覚えるが成長が遅いため、筆者の司教は酒場でお留守番です。
狩人
弓のエキスパート。盗賊ほどではないが、ワナの解除などもできる。状態異常の敵に強いらしい。
闘士
拳武器で敵に連続攻撃可能。筆者の前衛でいちばんお世話になっている職業。強いです。
遊楽者
タロットカードを引き、戦闘中に様々な効果をもたらすトリッキーな職業。

敵の攻撃呪文を反射する結界を張る事ができる職業。魔法系職業の転職先にいかがかな?
召喚師
モンスターと契約、召喚できる職業。こちらも転職先。
神女
ヴァルキリー。やりを持って戦う男子禁制の職業。僧侶系呪文も覚える。
君主
僧侶系呪文も覚える頼れるナイト様。

メイン武器二刀流と魔術師系呪文を駆使して戦うのじゃ!
忍者
レベルが高ければ高い程、敵に攻撃されにくく、又、敵を一撃で仕留めるでござる!

1 2次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会