体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】カプコンが贈る国産オープンワールドゲーム『ドラゴンズドグマ』ここに登場

※写真はゲーム中のスクリーンショット撮影機能で撮影したものです

カプコンが5月24日にPlayStation3とXbox 360で同時リリースした、オープンワールドゲーム『ドラゴンズドグマ』。オープンワールドでの冒険を楽しめる、アクションロールプレイングとなっている。

ドラゴンに心臓を奪われてしまい「覚者(かくしゃ)」となってしまった主人公は、そのドラゴンを追うために冒険に出る。冒険は主人公一人だけでなく、ポーンと呼ばれる仲間も同行する。ポーンは自分で戦闘を重ね学習していき、自発的に行動するようになっている。

ポーンとは?

プレイヤーのパートナーとなるのが、『メインポーン』で常に行動を共にすることになる。『メインポーン』はプレイヤー同様にキャラクターエディットで性別はもちろん、顔のパーツから、髪型、体型まで細かく決めることが可能。そのほかに『サポートポーン』と呼ばれるポーンを2名連れて行くことが可能。『サポートポーン』は他のプレイヤーが、作成したポーンを雇う形になる。『サポートポーン』は“リム”と呼ばれるサポートポーンが集まる場所か、町やフィールドを歩いているので声を掛ければポーンとして雇うことができる。自分よりレベルの低いポーンは無料で借りることができるが、自分よりレベルが高いポーンを雇う際は、リムの結晶(ポーンを借りる際に必要なゲーム内通貨)が必要となる。

メインポーンは主人公同様に冒険を通じてレベルアップして成長していく。もちろん装備も自由に変更することができるので、コーディネートを楽しむことができる。一方、サポートポーンも装備変更は可能だが、変更した装備はプレゼント扱いとなるので注意が必要だ。さらに、サポートポーンはレベルが上がらないので、プレイヤーの冒険の進行に合わせてとっかえひっかえ雇うことになる。プレイヤーのレベルが上がったら、それに合わせてレベルの高いサポートポーンに乗り換えることをオススメする。

自分のポーンをオンラインに放って

このゲームはオンラインで他のユーザーとポーンを貸し借りすることができる。自分が他のユーザーのポーンを借りている間、もちろん自分のポーンもほかのプレイヤーが『サポートポーン』として雇ってくれているかもしれない。雇われたポーンはほかのプレイヤーとの戦闘により敵の倒し方などの知識を身につけ自分のところに戻って来る。戻ってきた際は自分のポーンの評価やプレゼントされたアイテムを持ち帰ってくることも。では簡単に『メインポーン』と『サポートポーン』の違いを書いておこう。

メインポーン …… 主人公同様にレベルアップする。装備の変更も可能。キャラエディット可能。性格は主人公の好みに合わせて成長させられる。
サポートポーン …… レベルアップは変化しない(冒険を通じて知識は成長していく)。装備の変更は可能だがプレゼント扱いとなる。性格を変えることはできない。

ポーンは一緒に戦ってくれるだけでなく、アドバイスをくれたりこの先に何があるかなど、持っている知識内で主人公に教えてくれる。また『メインポーン』『サポートポーン』とあわせて4人での行動となるが、クエストで合流するNPCもあわせると、時としてそれ以上のパーティー編成になる場合もある。

敵にしがみつくアクション

『ドラゴンズドグマ』のアクションの特徴の一つが「つかむ」というアクションである。巨大な敵に対してどう立ち向かうか。その戦い方の幅を広げるのが「つかむ」アクションである。スタミナの許す限り敵をつかみ続けることができ、通常は魔法や弓でしか届かない弱点もこうやってボスに乗ることにより直接攻撃することが可能となるのだ。戦い方の幅は広く、回復や補助などのサポートはポーンに任せ自分は攻撃に徹すると言った戦い方はもちろん、逆にポーンに攻撃を任せて、自分がサポートに徹することも可能。

1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。