ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お笑い芸人『キングコング』の梶原の母親も生活保護を受給 不動産所有でも受給できた理由とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


母親の生活保護を受けてたとして連日話題になっている吉本興業の芸人、河本準一だがこれに続き、自らの母親が生活保護を受けていたことを明かす芸人が現れた。それは人気お笑いコンビ『キングコング』の梶原雄太。梶原雄太の母親は昨年3月から生活保護受給がはじまった。

受給理由は祖母の介護をしながら弁当屋でパートをしていたが、そのお店が倒産し収入が無くなってしまったという。さらに足を骨折していまい年齢的にも働き口が見つからず生活に困っていたという。
福祉事務所に相談に行くと「祖母ではなく、あなたが生活保護の受給者になった方がいい」とアドバイスを貰い、生活保護の受給が開始したという。

連日の河本準一の報道があって、梶原雄太自身は後ろめたい気持ちから全てを話してしまったのだろう。しかしネットでは次の様な意見が書き込まれている。

・おそらく梶原の母ちゃんの生保は問題無いんじゃないか?
・祖母の介護してるんか母親 ならしょうがない
・これ見ると、そこまで悪くないな

と、擁護する意見も多少出ている。しかし母親は過去にマンションを息子の梶原雄太から購入して貰い、そのローンが月40万円続いているという。もちろん支払っているのは息子の梶原雄太。生活保護は不動産を持っている場合はそれらを売却し、生活費に充てるように促される。今回のケースは母親の名義ではなく息子の梶原雄太の名義だったために、生活保護が受給できたのかもしれないが、500万円以上の不動産を所有している場合は通常、受給できない。

これを機に生活保護を受けていたことを話す芸能人が今後も出てきそうだ。

河本準一生活保護受給の記者会見 河本「15年間生活保護受けて昔も今も正しかったと認識してる」

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP