ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Playのアプリ内課金にサブスクリプション形式での販売も可能にする機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleは5月24日、Google Playストア(旧Androidマーケット)のアプリ内課金システムにサブスクリプション形式での販売も可能にする機能を追加したと発表しました。アプリ内課金はAndroidアプリ内でオプションやグッズ、アプリのアップグレードなどを有料販売できるようにする仕組みで、約1年前のAndroidマーケットの頃に始まりました。これまでは売り切り型でしか商品を販売できませんでしたが、24日からは月単位・年単位で自動課金するサブスクリプション形式でも販売が可能になりました。新聞や雑誌の定期購読には大いに役立つでしょうね。ユーザは、Androidアプリ内で今回のサブスクリプション形式で販売されている商品をGoogle Playの決済機能を使って購入することができます。この形式で購入した商品(定期購読とか)はPlayストアアプリの「マイアプリ」で一元管理できます。Playストアアプリはv3.5以上が対応するそうです。v.3.5.xが数週間前より配信されているので、大半の方はすでに利用可能になっていると思います。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia PLAYはAndroid 4.0にアップグレードされない??
Android版「Google+」がv2.6にアップデート、UIデザインが一新、ハングアウトの開始や投稿の編集に対応
ASUS製の7インチGoogleタブレットは6月より出荷が開始、7月に発売?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。