体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleの『Moog』でいろんな曲を演奏する強者がやっぱり現れた 超有名ゲームの再現率が凄い

先日ガジェット通信でお伝えしたGoogleのトップページが『Moog』になっているという記事。これは『Moog』の開発者であるロバート・モーグ氏の生誕78年の日にGoogleのトップページが『Moog』仕様になっていたというもの。例のごとく、『Moog』も「Google」の文字になっていた。

そんな『Moog』で実際に数々の名曲を演奏し動画サイトに投稿して注目を浴びている者が現れた。投稿している動画の曲は『ドラゴンクエスト』のメインテーマ序曲。もちろん1回での演奏で全ては演奏できないので、複数回に分け演奏したものをミックスしている。マウスとキーボードを巧みに操り、マウスで音色をチューン、キーボードの数字キーで演奏と実に大変そうな演奏である。音色もオリジナルのファミコン版に似ており、レトロな味わいが出ている。

その他にも数多くの力作が公開されており、『ゼビウス』の曲を再現したもの、Googleの『Moog』をトークボックスにしたものなどが公開されている。Googleの『Moog』は既に消えているが、ずっと『Moog』音源を触り続けたい人は『Moog Modular(Arturia)』が売られているので、それでいじると良いぞ。Windows、Mac両対応だ。

Google Moogでドラクエの序曲弾いてみた

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。