体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グルメリポート! 今話題のテイクアウト唐揚げ3店舗を取材してきた!

今ちまたで、にわかに流行しているテイクアウト唐揚げ。今回はその中でもユニークな3店舗を取材してきた。どのお店の唐揚げもコンセプトが違って楽しめる内容となっているはずだ! 生放送も同時にさせていただいたので、そちらの方も見てほしい。上手ではないかもしれないが気合を入れてリポートしているぞ! それではお店の紹介に入りたいと思う。

金のとりから 渋谷センター街店

渋谷センター街のゲートを進んでいくと右手に見える“金のとりから”。ここの特徴ははなんといってもスティック状の形で、胸肉を使ったヘルシーさが売り。

つまようじはもちろん付いているが、手で持ってもベトベトしたりすることはなく、衣も少なめ。味は胸肉本来の素朴な味。ここには様々なソースがあり、好きなスパイスやソースを店先で好きなだけかけることができる。このように、自分で工夫して味付けできる部分が今の女子や学生に大人気らしい。

今回取材を行った渋谷センター街店では8種類のソースをかけることができた。1番人気はオリジナルスパイスで、筆者も食べたが普通の塩コショウではなく、からあげにマッチするように考えられたもの。一本、また一本と、ついついとまらなくなってしまう美味しさだった。

2位はマヨネーズ、3位はスウィートチリソースである。お店の人によると結構ソースを混ぜる方もいらっしゃるようなので、マヨネーズとスウィートチリソースを混ぜて食べてみた。中華のエビマヨのようにコッテリとした中に酸味が広がり、それと衣がベストマッチ。仕事を忘れて幸せ一杯になってしまった。サイズも様々なサイズがあり、スモールとダブルとメガがある。Sサイズにプラス100円で1.5倍になるので、そちらを利用するとお得だぞ!

特徴:むね肉を使ったスティック状のからあげ、さまざまなソースあり
場所:渋谷駅 センター街 ※渋谷 東急ハンズ前店もあり営業時間:11:00~23:00住所:東京都渋谷区宇田川町25-3 プリンスビル1F
 TEL: 03-3464-5585 HP http://www.shimanaka.co.jp/contents.php?id=97

李さんの台湾名物屋台 原宿店

原宿の竹下通りを下って行くと、明治通りに出る。いわゆる“裏原宿”の入り口を少し進み、左手を見ると派手な看板が見える。ここが『李さんの台湾名物屋台』。

お店のほうに進んでいくと、とても愛想のいい店員さんが迎えてくれた。ここのからあげはもも肉を使用しており、食べた瞬間、熱々の肉汁が口の中を覆う絶品唐揚げだ。ここの唐揚げは2種類。台湾唐揚げと、辣醤(ラージャン)唐揚げである。

まずは台湾唐揚げを食べてみる。ザクザクといった心地よい音が響くと共に、熱々の肉汁が待ってましたと言わんばかりにビューッ! と、飛び出してくる。その瞬間の多幸感といったら、何物にも比べられない。歯触りが抜群に良く、口から勝手に「うまっ」という言葉が出てしまった。

肉汁と歯触りだけでなく、スパイスも絶品だ。大きめのもも肉を使用しているため、普通なら食べていると少し油がしんどくなる人もいるかもしれない。だがスパイスに含まれている生唐辛子の粉末、こいつがいい仕事をしている。辛さで食が進み、鳥独特の旨味が3倍にも4倍にも膨れ上がる。これでビールを飲んだらと思うと……その幸せは言葉では表せない。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。