ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

方向音痴に捧ぐ! 無事に目的地にたどり着くための4つのTips

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


知らない街や、初めての場所で迷ってしまうことってありますね。自他共に認める方向音痴の私は、『iPhone』のアプリを使ってさえまともに目的地にたどりつけないレベルの方向音痴です! そんな方向音痴さんでも、無事に目的地にたどり着くためのTipsを紹介します。

1.時間に余裕をもつ

方向音痴の場合、初めての場所では高確率で道に迷うことが予想されます。できるだけ時間に余裕を持って出かけ、ウロウロしても大丈夫なようにしておきましょう。「待ち合わせ時間ギリギリでいいや」のつもりで行くと、大遅刻につながりかねません。

2.帰り道の目印をチェック

行き帰りの道で目印となるモノや建物の見え方が違うと、とたんに迷うことがあります。それが方向音痴というものです。「行きはよいよい帰りは怖い」とはよく言ったもの。帰り道に自信がないなら、振り返りながら目印を確認しておくと安心です。

3.あわてない

道に迷ってしまったときは、とにかくあわててしまうもの。確信のないまま移動しては余計に迷ってしまうので、意識して落ち着くようにしましょう。落ち着いたら、通りかかった人に道を聞く、地図を見直す、などのアクションに移りましょう。

4.方向音痴をカミングアウト

奥の手ですが、待ち合わせや約束の相手方に、「方向音痴なので迷ってしまったらすみません」と前置きするのもアリです。当日、時間ギリギリまで迷ってしまったら、素直に「道に迷ってしまいましたが、どう行けばいいでしょうか」と電話しましょう。ちょっと恥ずかしいですが、連絡なしで遅刻するよりマシかと思います。

いかがでしたか。子どもの頃から大人になるまで数々の迷子を繰り返し、未だに方向音痴が治らない私も、この4点を守ることでなんとか頑張っております。方向音痴のみなさん、これからも迷うことを恐れず知らない場所に出かけていきましょう!

Photo by 足成

※この記事はガジェ通ウェブライターの「相澤マイコ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。