ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

漫画業界の裏!人気漫画家には “たいてい” ブレインがいる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

burein

最近のマンガは、原作者と作画の2名で作成している作品が数多くある。『デスノート』や『ヒカルの碁』、『バクマン。』などはその成功例といえるだろう。しかし、漫画雑誌や単行本の表紙を見ればわかるように、ほとんどの漫画は作画とストーリーをひとりの作家が考え、執筆活動をしている。

毎週、毎月、膨大な量の枚数をこなしていかなくてはならない人気漫画家が、原作者に頼らず自分の知識だけで漫画を描いていく。それはかなりハードな仕事になるのだが、それをこなせる漫画家もいれば、「やっぱりできない!」とギブアップする漫画家もいる。なかには、「よく毎週こんな濃い内容のストーリーを描けるなあ」と思う読者もいることだろう。

しかし、たとえひとりの漫画家名しか書かれていなかったとしても、原作、つまりネタを考えているのがその作家だけとは限らない。もちろん、編集者が漫画家と一緒にネタを考えることはあるが、そんなのは編集者として当然の仕事であり、その編集者を原作者と呼ぶことはできない。

では、濃いストーリーを考える漫画家には、編集者以外にネタを考える人物がいるということだろうか? その答えは、「いる」だ。ネタを出すだけのブレインという役割をしている人物が存在する。

しかし意外にも、ストーリー漫画よりもギャグ漫画家にブレインがいることが多く、特に4コマ漫画の漫画家には複数のブレインがいる場合がある。そう、4コマ漫画はストーリー漫画よりネタを考える数が多く、実はけっこう大変な仕事なのだ。

ギャグ漫画家に詳しい編集者はこう語る。「4コマ漫画家だとしても週に8本くらいならブレインなんていらないでしょうね。16本や24本など、けっこうなかずの4コマ漫画を描く場合はブレインなしでやるのはけっこう大変です。みなさんがご存知のあの『〇〇〇〇〇〇〇〇〇』も、複数のブレインがネタを考えて、それを漫画家さんが絵にしていました。この作品では漫画家はネタをあまり考えてなかったですね

なるほど、いろいろと深いストーリーの漫画より、ギャグ漫画のほうがネタに苦労するようである。原作者とはちょっと違うブレインという職業。ネタに自信アリ! という方は頑張ってブレインを目指してみてはいかがだろうか(このニュースの詳細記事はこちら)?

イラスト: ピョコタン

■インターネットエンタメニュースはこちら
憧れのカプコンに入社しファミ通レビューで殿堂入りしたものの…
しょこたんが矢口真里にタイマン勝負!? ブログの更新数で張り合い
児童ポルノに関して政党に電話突撃した『ニコニコ動画』が大人気
岡山でメガドラ焼きが大人気! セガ「ヒットを心よりお祈りしています」
Xbox360が1300台も盗難される! 約7500万円相当の被害

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。