体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NotifierPro:Androidの通知機能をリッチにしてくれる無料アプリ

本日はAndroidの通知機能をリッチにしてくれる無料のアプリ「NotifierPro」を紹介します。対応機種はAndroid 2.1以上です。

Androidには従来より新着情報などを通知する仕組みが備わっています。例えばメールを受信するとステータスバーにアイコンを表示し、通知パネルを開き通知をタップすると、アプリが起動し新着メール本文を確認することができます。

Androidをお使いの多くの方はこのような標準の機能で満足しておられるではないかと思いますが、今回紹介する「NotifierPro」を利用することで、通知が画面上にバナー表示されるようになり、バナーをタップするだけで内容を開くことができるなど、使い勝手が良くなるのでおすすめします。

「NotifierPro」の使い方。アプリをPlayストアからインストールして起動。「ACTIVATE THE SERVICE」をタップします。すると、「ユーザ補助」画面が開くので、その中の「NotifierPro」をONにします。これで使えるようになります。

「NotifierPro」ではインストール済みの全アプリの通知をバナーで表示させることができます。どのアプリで通知をバナー表示させるのかはユーザ自身で選ぶことができ、「通知するアプリを選択」をタップし、「Enable」にチェックを入れることで有効になります。デフォルトでは通話・メール系アプリが有効になっています。

バナー表示された通知は右にフリックすると閉じることができ、左にフリックすると重複する通知を一気に閉じることができます。次の画像右のようにテーマを変更することもできます。テーマはPlayストアで配布されています(無料、有料あり)。

 ちなみに、YouTube動画を視聴中でも通知を確認できたりもします。

テーマを変更することのほか、バナーの表示位置を上部/中央/下部/ステータスバーの下と変更したり、表示時間を変更したり、スリープ時に通知があると画面をONすることができたりと、「NotifierPro」のオプションを使って通知機能をより強化することができます。カスタマイズはNotifierProの「DEFAULT SETTINGS」メニューより行うことができます。

NotifierProには今回紹介した無料版のほか、有料版(212円)の「NotifierPro Plus」があります。有料版では無料版の機能に加えて、通知内の文字の表示位置を変更したり、非表示にしたり(プライバシー機能として)、アプリごとにテーマや通知時間を変更したり、通知があったことを後で知らせるリマインダー機能が使えたりするなど、さらにカスタマイズの幅が広がります。

NotifierPro」(Playストア)
NotifierPro Plus」(Playストア)※212円です。



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Flipboard(Galaxy S IIIプリインストール版)がv1.8.4にアップデート、日本語に対応
LG、Optimus 2XのAndroid 4.0アップグレードを今年Q3(7月~9月)に延期
Xperia SのAndroid 4.0アップグレードは5月下旬~6月上旬に開始予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。