体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『死霊館』シリーズ史上もっとも恐ろしい『死霊館のシスター』日本公開 特報映像で鳥肌ゾワッ……[ホラー通信]

2000年代ホラーの代表作『死霊館』より新たなスピンオフ映画が公開。呪いの人形アナベルに続いて、今度あなたを震え上がらせるのは恐ろしい“悪魔のシスター”です。

『死霊館』よりも、そして『アナベル』シリーズよりも更に過去の時代設定となる『死霊館のシスター』。そのシスターは『死霊館』シリーズすべての恐怖の根源だといいます。そんな今作、意地悪すぎるほど凄まじい恐怖を見せつけた『アナベル 死霊人形の誕生』よりも、更に怖いんだとか……。心臓の弱い方はお気をつけくださいね。

ではではそのシスターがどんなもんか、特報映像をご覧ください。短い映像ですが結構怖いので怖がりな方はお気をつけて。鳥肌立っちゃいました。

<ストーリー>
1952年のルーマニアの修道院でひとりのシスターが自らの命を絶つ。不可解な点の多い自殺に教会はバーク神父と見習いシスターのアイリーンを修道院へと派遣する。
二人はこの事件を追うにつれ、この修道院に隠された秘密とともにいまだかつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙することになる。果たして、この修道院に隠された想像を超える秘密とは? そして悪魔のシスターの目的とは一体何なのか――。

主人公のアイリーンを演じるのは、『死霊館』シリーズのロレーン役ヴェラ・ファーミガの妹で、『ファイナルガールズ 惨劇のシナリオ』での主演も素晴らしかったタイッサ・ファーミガ。バーク神父を演じるのは『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルです。

監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。そして、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』や『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ダウバーマンが脚本を務めています。もちろん、『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワンも製作に名前を連ねておりますよ!

『死霊館』スピンオフシリーズの何より怖いところは、あれだけ頼もしく、そして心洗われる愛の力を見せてくれるウォーレン夫妻が登場しないことだと思います。さあ、ウォーレン夫妻不在の恐怖を、今回もとことん味わおうじゃありませんか……。

作品概要

『死霊館のシスター』
9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

監督:コリン・ハーディ 脚本:ゲイリー・ダウバーマン 製作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:The Nun

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ホラー映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy