体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマートウォッチ『Fitbit Versa』は本日発売 参加者の“Pebble愛”を感じたFitbit開発者&ユーザーカンファレンスレポート

スマートウォッチ『Fitbit Versa』は本日発売 参加者の“Pebble愛”を感じたFitbit開発者&ユーザーカンファレンスレポート

フィットビット・ジャパンはスマートウォッチ新製品『Fitbit Versa』発表会を開催した6月5日、アプリ開発者とユーザーを集めたカンファレンス『Fitbit Developers and Users Conference 2018 Versa』を開催。開発者向けSDKの説明や事例発表が行われました。

『Fitbit Versa』は軽量で丸みを帯びたデザインが特徴で、Fitbitが買収したスマートウォッチ『Pebble』のイメージに近いことから注目を集めている製品。カンファレンスでも、『Pebble』向けに文字盤を開発していた開発者による事例発表や、質疑応答で『Pebble』と比較した質問が出るなど、参加者の“Pebble愛”が感じられるイベントになりました。

fitbitversa_devevent2 fitbitversa_devevent3 fitbitversa_devevent4

Fitbit シニア・デベロッパー・エバンジェリストのフレドリック・ハーパー氏がFitbit SDKとウェブAPIについて解説。アプリケーションの開発時に必要な設定や、画面サイズが300×300の『Fitbit Ionic』と348×250の『Fitbit Versa』の両方に1回のコーディングで対応する方法、ウェブAPIでウォッチから計測値を取得する方法、開発者向けに情報を公開するウェブサイト( dev.fitbit.com )などが紹介されました。

fitbitversa_devevent5 fitbitversa_devevent6

続いて1人目の開発事例発表では、『Pebble』向けに開発した文字盤『toriwatch』『waniwatch』で知られ、『toriwatch』を『Fitbit』向けに移植してリリースしたバンクの岡田麻里氏が登壇しました。

fitbitversa_devevent7 fitbitversa_devevent8

開発ツールで新規プロジェクトを作成し、テンプレートの文字盤から背景を変更して任意の画像を表示するまでをその場で実演。心拍数・歩数の取得と表示、文字盤への任意のフォントの表示、設定による背景色の変更など『toriwatch』に実装した機能の事例を紹介したほか、文字盤を公開するためのギャラリーへの申請方法について説明しました。この日の発表スライドは岡田氏により公開されているので、興味のある人はご覧になってみては。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。