体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

え、なにこれ!?ロシアの[かわいすぎるピクルス]のレシピ

え、なにこれ!?ロシアの[かわいすぎるピクルス]のレシピ

サッカーで盛り上がっているロシア。そんなロシアの料理といえば、ボルシチやビーフストロガノフ、ピロシキなどが有名ですが、実はピクルスも定番の家庭料理のひとつ。最近は飾り切りした野菜を漬け込み、見た目にも美しいピクルスが人気です。そんな「かわいすぎるピクルス」の作り方と、そのピクルスを使ったスープのレシピを、ロシア料理研究家の田口タチアナさんに教えていただきました。

身近な野菜で作る!ロシア風ピクルス

身近なスーパーなどで手に入る野菜で、作ることができます。

ピクルスは、身近なスーパーで手に入る野菜で作ることができる

材料(1リットル瓶用)

にんじん、きゅうり、パプリカ、プチトマト、カリフラワー:合わせて350~400g

ニンニク:1/2片

ディル、イタリアンパセリ:合わせて20g程度(野菜の約5%)

[A]

水:500ml

塩:大さじ1

砂糖:大さじ1

粒こしょう:6~8粒

ローリエ:1枚

七味とうがらし:少々(お好みで)

酢※(酸度4.5%の場合):100ml

リンゴ酢でもおいしく作れます。

作り方

ディル、イタリアンパセリの茎と葉を分け、ニンニクは縦半分に切る。

パプリカはヘタと種をとり、にんじんは皮をむいて、上1/3を飾り切り用、下2/3を細切り用として切り分ける。

パプリカとにんじん2/3を、食べやすい長さの細切りにする。カリフラワーは小房に切り分け、プチトマトは3カ所ほどようじで穴を開けておく(漬け込み中に皮が破れるのを防ぐため)。

飾り切り用のにんじんを、厚さ1cmほどの輪切りにする。周囲にV字の切り込みを入れ、包丁で丸みをつけながら削って、下の写真のような花形にする。
にんじんを花形に切る
包丁で丸みを付けて仕上げる

きゅうりを7cmほどに切って、縦半分にする。葉っぱの形に周囲を切り、包丁で筋を入れる。
きゅうりに包丁で筋をいれる
カットしたピクルスの材料

煮沸消毒したガラス瓶(1リットル)に野菜、ディルとイタリアンパセリの茎、ニンニクを入れる。外側に飾り切りした野菜やトマトが見えるように入れ、内側に細切りにした野菜を入れ、隙間なく詰める。最後にディル、イタリアンパセリの葉をのせる。
ガラス瓶に野菜を入れる

1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。