体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初心者も上級者も必見!”辞書”としても使える“あみぐるみ”本


初心者も上級者も必見!基礎~仕上げるテクニックまで完全網羅した、”辞書”としても使える「あみぐるみの技法書」が刊行!

ニットの中でも独自の文化といえる“あみぐるみ”。あみぐるみは、たくさんある手芸の中でも始めやすく、奥の深いものとして楽しまれ、独自の文化として確立されている。


立体物であるあみぐるみの可能性はとても広く、小さくかわいらしいものから大きく複雑なものまで糸1本から編めてしまう創造性と、「糸」と「かぎ針」があればすぐにでも始められる手軽さが魅力だ。


本書では、編み物がはじめての人でも取り組めるように、かぎ針の持ち方からかぎ針編みの基礎の基礎、立体に編む方法や編み地の表現、組み立て方、表情のつけかたなど、あみぐるみを制作するうえで必要な技術を、詳しく図解・説明。


すでに編める人には、さらにきれいに仕上げるテクニックや、完全オリジナルを作るためのアイデアを身につけることができる技法書として使える一冊となっている。

「あみぐるみの技法書」B5変判・240ページは、価格2400円(税抜)。6月15日(金)より発売。新しい趣味を探している人や、あみぐるみをもっと極めたい人は、ぜひチェックしてみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。