体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽の新車とほぼ同じ予算で「現行型のベンツ」を買ってみるという離れ業はどうでしょう?

▲最近の軽自動車は性能や装備が向上した分だけそこそこ高額だったりもします。なので、実は軽の新車を買うのと似たような予算で「現行型のメルセデス」が買えちゃったりもするのです!

もちろん軽というのもステキな選択ではあるのですが

日本独自の規格である「軽自動車」。そこには「コンパクトである」「何かと経済的だ」などといった軽自動車ならではの美点もたくさんありますので、ぜんぜん悪くないというか、むしろ積極的に選ぶべき対象のひとつだと思います。

しかし、もしもあなたが、そういった軽自動車の美点ではなく「単純に予算の面でそれしか手が出ないから……」という、ややネガティブな理由から軽自動車の新車を選ぼうとしていて、なおかつ「本当は軽とか乗りたくないんだけどね」と思っているのであれば、ひとつ聞いていただきたい話があります。

軽自動車の新車を買うのとほぼ同じような予算で「現行型のベンツ」を買っちゃう……というアイデアはどうでしょうか?

もちろん、そのベンツというのは新車ではなく中古車になるわけですが、決して数世代前のオンボロ中古車とかではありません。あくまで「バリバリ現行世代のメルセデス・ベンツ」です。

「や、申し訳ないけど興味ないわ」ということであれば、この時点で離脱していただいて構いません。

ですが、もしも少しでもこのアイデアにご興味があるようでしたら、どうか次章を引き続きお読みいただければ幸いです。このプランについて具体的にご説明申し上げますので。

▲どちらが良いとか悪いとかの問題ではなく(そもそもジャンルや目的がまったく異なりますから)、やはり軽自動車とプレミアム系輸入ブランドの車とでは、質感や性能などは何から何まで違うものです

支払総額はどちらも同じ170万円ぐらい?

「軽の新車」といっても多種多様ですが、ここは仮に「ダイハツ ムーヴ」を検討中だということにしてみましょう。軽のなかでは売れ筋の、なかなか良い車です。

現行ムーヴのなかにもいろいろなグレードがありますが、安全装備と走行性能の観点から「Xターボ“SAIII”」が有力候補だとします。その場合の車両本体価格は135万円です。

▲こちらが現行型のダイハツ ムーヴ Xターボ“SAIII”。もちろんこれはこれで良い車であり、ムーヴは2017年度の軽乗用車販売台数ランキングでは栄えある第2位に輝いています(ちなみに1位はホンダ N-BOXです)

しかし、車というのは車両本体価格だけで買うことはできず、諸費用と呼ばれる何種類かの法定費用や手数料が別途かかります。そして新車の場合はそれなりの「オプション装備代」も必要となる場合がほとんどです。

ダイハツ ムーヴ Xターボ“SAIII”の車両本体価格に、基本的な諸費用と基本的なオプション装備(ナビやETC車載器、サイドエアバッグ、フロアマットなど)の代金を足してみると、175万円ぐらいになるはずです。多少の値引きもありそうですから、支払総額は「160万~170万円ぐらい」といったところでしょうか。もちろんケース・バイ・ケースではあるのですが。

しかし、実はこれとほとんど似たような支払総額で、先ほどから申し上げている「現行型メルセデス・ベンツ」の、しかも走行1万km台までの中古車が十分狙えてしまうのです。

そのメルセデス・ベンツの名前は「Aクラス」といいます。とってもいい車です。

▲2013年1月に登場した現行メルセデス・ベンツ Aクラス。それまでとはまったく異なるスポーティなプロポーションに一新され、新開発されたターボエンジンがもたらす走りの質も格段に向上しました
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。