体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)

いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)

今回はkamosawaさんのブログ『はてなの鴨澤』からご寄稿いただきました。

いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)

若い人が「就職が楽になったから安倍政権支持」みたいなことを言ってるのを見ると心が痛い感じがするので、公開されてる政府統計でわかるようなことを、ちょこっと書いておきます。

あらすじ。

1. 生産年齢人口は2012年以降に激減
2. 労働者の高齢化が進行
3. 増加したのは安い仕事
4. 企業の採用文化に大きな変化なし

では行ってみましょー。

1. 生産年齢人口は2012年以降に激減

生産年齢人口(15~64 歳) は、平成7(1995)年に8716万人でピークを迎え、昨年2017年の確定値で7591万6千人*1と、1100万人ほど減少しました。

*1「人口推計(PDF)」2018年05月30日 『法務省統計局』
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201805.pdf

長期のグラフはこんな感じです。*2

*2:「生産年齢人口等の推移(PDF)」『首相官邸』
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/pdf/sankou_h290530.pdf

生産年齢人口等の推移

1千万人規模の変化というのはそれだけで非常に強烈ですが、特に2010年代前半の減少が顕著なのが見て取れると思います。

ここで起きているのは団塊世代の高齢者区分入りです。出生数が260万人を超えていた昭和22-24年(1947-49年)の第一次ベビーブームに生まれた世代を団塊の世代と呼びますが、昭和22年生まれが満65歳となり始めた2012年1月1日から、全員が満65歳となった2014年12月31日までの3年間に、合計600万人以上が高齢者入りしています(「700万人以上」にならないのは65歳までに亡くなった方が15%弱居るから)。

ところでこの部分をさらに細かく見ると、民主党政権(2009年9月~2012年11月)の間に高齢者入りした人数が少なめになっているのがわかります。これは出生数が非常に少ない昭和20、21年生まれを含むためです。※1

※1:細かい数字は人口統計資料集2014 *3、2015 *4、2016 *5、2018 *6 などより

*3:「人口統計資料集(2014)」『国立社会保障・人口問題研究所』
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2014.asp?fname=T02-05.htm&title1=%87U%81D%94N%97%EE%95%CA%90l%8C%FB&title2=%95%5C%82Q%81%7C%82T+%94N%97%EE%81i%82R%8B%E6%95%AA%81j%95%CA%90l%8C%FB%82%A8%82%E6%82%D1%91%9D%89%C1%97%A6%81F1884%81%602012%94N

*4:「人口統計資料集(2015)」『国立社会保障・人口問題研究所』
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2015.asp?fname=T02-05.htm&title1=%87U%81D%94N%97%EE%95%CA%90l%8C%FB&title2=%95%5C%82Q%81%7C%82T+%94N%97%EE%81i%82R%8B%E6%95%AA%81j%95%CA%90l%8C%FB%82%A8%82%E6%82%D1%91%9D%89%C1%97%A6%81F1884%81%602013%94N

*5:「人口統計資料集(2016)」『国立社会保障・人口問題研究所』
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2016.asp?fname=T02-05.htm&title1=%87U%81D%94N%97%EE%95%CA%90l%8C%FB&title2=%95%5C%82Q%81%7C%82T+%94N%97%EE%81i%82R%8B%E6%95%AA%81j%95%CA%90l%8C%FB%82%A8%82%E6%82%D1%91%9D%89%C1%97%A6%81F1884%81%602014%94N

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。