体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急事態】東海道新幹線のぞみ殺人事件で殺人鬼に襲われ男性死亡 / 犯人が斧で「馬乗りメッタ刺し」「グッタリしても刺し続ける」

shinkansen7

凶悪すぎる事件の詳細が明らかになってきた。2018年6月9日21:50ごろ、JR新横浜駅とJR小田原駅の区間、移動中の東海道新幹線のぞみ(265号)で殺人事件が発生した件で、猟奇的ともいえる犯人の詳細がわかった。

・次々と乗客を襲って殺害
東海道新幹線のぞみ265号の12号車で発生したこの事件は、突然現れた殺人鬼が斧を振り回し、次々と乗客を襲っていくという信じられない状況下で発生した。殺人鬼は斧で女性2人に襲いかかり負傷させ、1人の30代男性を心配停止状態にし、殺害した。

・犯人が斧で「馬乗りメッタ刺し」
そのときのようすを目撃した乗客によれば、殺人鬼は男性に馬乗りになり、メッタ刺しにしていたという。ナイフではなく斧で襲っていたことから、刺すというよりは振り下ろすように猛攻撃をくわえたと推測できる。また、男性がグッタリしても刺し続けていたという。

shinkansen8

・乗客がパニック状態
心配停止となった男性は病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。負傷した女性2人に関しては、男性ほど重傷を負わなかったようだが、複数の乗客が「助けて!」「怖い!」とパニック状態になり、他の車両に逃げ込むという状況になっていたという。

・まさに猟奇的といえる事件
犯人の詳細が少しずつ判明してきており、年齢が20~30代と判明。メガネをかけており、茶色のズボンには凄まじい量の返り血が付着していたという。また、連行される殺人鬼は動揺することなく、余裕の姿だったとのこと。まさに猟奇的といえる事件だろう。

【続報】
【衝撃】東海道新幹線のぞみ殺人事件で犯人・小島一朗(22歳)を緊急逮捕「むしゃくしゃしてやった」

もっと詳しく読む: 東海道新幹線のぞみ殺人事件で男性死亡 / 殺人鬼が斧で馬乗りメッタ刺し(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/10/shinkansen-satsujin-jiken-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。