体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モトローラが新スマートフォン『moto g6 plus』『moto g6』『moto e5』を発表 本日より販売開始

モトローラが新スマートフォン『moto g6 plus』『moto g6』『moto e5』を発表 本日より販売開始

モトローラ・モビリティ・ジャパンは6月7日、Androidスマートフォン新製品『moto g6 plus』『moto g6』『moto e5』の発表会を開催。6月8日から販売を開始しました。

motog6e5_2 motog6e5_3

『moto g6 plus』『moto g6』は、プレミアム機能と購入しやすい価格を両立した製品。デュアルカメラを搭載し、深度センサーを利用したぼかし効果、モノクロ写真の一部をカラーにするセレクティブモノクロ、タイムラプス撮影、写真に写ったものの情報を表示するスマートカメラ機能、顔認証機能などが特徴。

motog6e5_4 motog6e5_5

『moto g6 plus』は5.9インチ FHD+ディスプレイ、2.2GHzオクタコアプロセッサー、4GBメモリー、64GB内蔵ストレージ、1200万画素+500万画素デュアルカメラ、3200mAhバッテリーを搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応します。

motog6e5_6 motog6e5_7

『moto g6』は5.7インチ FHD+ディスプレイ、1.8GHzオクタコアプロセッサー、3GBメモリー、32GB内蔵ストレージ、1200万画素+500万画素デュアルカメラ、3000mAhバッテリーを搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応します。

motog6e5_8 motog6e5_9

『moto e5』は、より低価格で若年層を狙った製品。5.7インチディスプレイ、指紋認証、1.5日使用できる大容量バッテリーなどエントリーモデルながらも充実した機能が特徴。

motog6e5_10 motog6e5_11

5.7インチ HD+ディスプレイ、1.4Ghzクアッドコアプロセッサー、2GBメモリー、16GB内蔵ストレージ、1300万画素カメラ、4000mAhバッテリーを搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応します。

motog6e5_12 motog6e5_13

同社のECサイト『motoストア』での販売価格は、『moto g6 plus』が3万8800円(税別)、『moto g6』が2万8800円(税別)、『moto e5』が1万8500円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。