体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

演技派ニコケイに省エネニコケイ? オールナイト上映『顔圧!ニコケイナイト2』企画者がニコラス・ケイジの魅力を語る

nikokei_main_0

『コン・エアー』『フェイス/オフ』といったアクション大作から『天使のくれた時間』のようなラブ・ストーリー、『アダプテーション』のようなミニシアター系映画まで幅広く出演し、永く愛されてきた俳優ニコラス・ケイジ

そんなニコラス・ケイジの近年は、とにかく多作。作品規模の大小を問わず数々の作品に主演クラスで出演しまくり、そして驚くべきことに、その作品のほとんどが日本で劇場公開されているのである。

2018年だけでも、すでに『ダブル/フェイス』『ヒューマンハンター』が公開され、6月には『ダークサイド』(16日公開)、『マッド・ダディ』(23日公開)の二作品が待機している。

そんなニコラス・ケイジを愛してやまないひとりの男がいる。池袋の名画座・新文芸坐で上映企画を担当するスタッフ・花俟良王さんだ。

その“ニコケイ愛”から、ニコラス・ケイジの出演作をオールナイトで上映する『俺だよ、俺、ニコラス・ケイジだよ! 顔圧!ニコケイナイト』なる企画を実施し、二度見せずにはいられないタイトルやチラシのインパクトから話題となった。

s-nikokei_night

そして6月16日に、第二弾となる『俳優やめるなんて言うなよ! 顔圧!ニコケイナイト2』が実施される。上映作品は、2016~2017の出演作から『オレの獲物はビンラディン』『キング・ホステージ』『ヴェンジェンス』『パシフィック・ウォー』の4作。

チケットぴあ前売り券販売ページ:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1821030

第二弾が行われるからにはよほど人気なのかと思われるが、実際の事情は違うようである。

それでもなぜ『ニコケイナイト』第二弾が開催されるのか? ニコケイの魅力とはなんなのか? 企画者の花俟さんに話を伺った。“ニコケイ”の文字がゲシュタルト崩壊しそうなニコケイ愛あふれるインタビュー、是非お読みいただきたい。

『顔圧!ニコケイナイト2』企画者 花俟良王さんインタビュー

hanamatsu_laugh

――『顔圧!ニコケイナイト』はどうして企画されたのでしょうか。

花俟:色々な事情があるのでしょうが、ニコケイはスターなのに映画に出まくっています。そんな彼のスピードに置いてかれないように、ということと、凡作俳優のようなレッテルを貼られてるのも悔しくて前回のオールナイトを企画しました。

しかし集客はイマイチだったんです。「次回開催はないかな」と思っていたのですが、ニコケイが突然「俳優やめる宣言」をしましたよね?(※) ファンとしてとても寂しい気持ちになったので、何かアクションを起こしたくて今回の第二弾を企画しました。上司を説得するのが大変でしたが、「(客が)入らなければ次はない」と釘をさされました。

また、現在の日本で正式に公開される外国映画は非常に限られていて、スターの作品ですらソフトや配信スル―となることも珍しくありませんが、ニコケイ作品に関しては湯水のように日本公開されてますので、国内上映権があるということも後押ししています。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。