体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大企業の戦いに一途な想い……闘いに挑む男たちの姿に感動ッ! 邦画作品3選

%e2%98%85%e3%80%8c%e7%a9%ba%e9%a3%9b%e3%81%b6%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%80%8d%e3%82%b5%e3%83%96%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

6月15日(金)に公開される映画「空飛ぶタイヤ」。累計180万部を突破した池井戸潤の同名小説の映画化であり、主演に長瀬智也さんを迎え、共演にディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、岸部一徳さん、笹野高史さんらオールスターキャストが集結。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会現象を巻き起こしてきた池井戸作品が、満を持しての初の映画化。

今年最も期待されている日本映画の1本である本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故によって整備不良を疑われた運送会社社長が、大企業に立ち向かいながら真実を追求するさまが描かれる、世紀の大逆転エンタテインメント。

いつの時代も男が闘う姿はカッコいいもの。特に6月は『デッドプール2』、『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』など悪を挫く、闘う男たちが躍動する海外作品が目白押し!一方で真剣な眼差しで闘いに挑む日本男児に思わず”熱盛ィ!”と叫びたくなる邦画作品をご紹介します。

『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)
「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会現象を巻き起こしてきた池井戸潤作品初の映画化作品。第136回直木賞候補作にもなった本作は、池井戸本人にとって「ぼくはこの物語から、『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ」という程に思い入れがある作品。トレーラーの脱輪事故をきっかけに大企業の”リコール隠し”に迫る主人公・赤松徳郎(長瀬智也)、そして、赤松から再調査を要求され、対立することとなる大手自動車会社社員の沢田悠太(ディーン・フジオカ)、一方、グループ会社の経営計画に疑念を抱く銀行員の井崎一亮(高橋一生)、それぞれの熱い男たちが真実に迫る世紀の大逆転エンタテイメント作品。時に挫折しそうになりがらも、自分の正義や家族や会社を守る為、大企業に立ち向かっていく長瀬演じる赤松の姿は、我々の共感を呼び、胸を打つこと間違いなし!

(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会

『50回目のファーストキス』(公開中)

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務め、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田雄一監督が「勇者ヨシヒコ」シリーズのスタッフ陣と手掛ける初のラブストーリー。本作はハワイのオアフ島を舞台に、事故の後遺症で1日で新しい記憶が消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)に一目惚れした大輔(山田孝之)が、偶然の出会いを一生に一度の運命の恋にする恋愛映画。記憶が一日でなくなってしまう瑠衣のために毎日思いを伝えて闘う山田孝之の姿はカッコイイ!

(C)2018「50回目のファーストキス」製作委員会

『OVER DRIVE オーバードライブ』(公開中)
『海猿』『MOZU』など闘う男の魅力を描いてきた羽住英一郎監督の最新作。公道を全開走行する過酷な自動車競技「ラリー」に挑む兄弟の絆を描いたカーアクション作品。チーフメカニック兼エンジニアの檜山篤洋(東出昌大)と、天才ドライバーの檜山直純(新田真剣佑)の檜山兄弟を中心に、世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門となる国内トップカテゴリーのレースに挑む兄弟の闘う姿はカッコいい!

(C)2018「OVER DRIVE」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。