体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この1週間で見た最もイギリスらしいこと」という動画が話題に さすが紳士の国と言わざるを得ない

「この1週間で見た最もイギリスらしいこと」というキャプションをつけた動画が『Twitter』で公開され、700万回以上再生されるなど話題となっています。


元ネタはイギリスのYouTuber、“RoyalJordanian”が公開したこちらの動画。

The silent bike, the stealth Pedestrian and the cool bus driver (YouTube)
https://youtu.be/lMphb6cNScM

ヘルメットにカメラを装着し、動画を撮影しながらロンドン市内の渋滞を駆け抜けていく1台の電動バイク。

前方に道路を横断する歩行者の姿が。

バスの横を通り過ぎようとした瞬間、バスから腕が出てきました。何かのサインのようです。

バスの影に隠れて見えませんでしたが、バスの前から歩行者が姿を現しました。バイクに道を譲っています。

ライダーは当然のように歩行者に道を譲ります。

「事故にならなくて良かったな」と言わんばかりに拳を突き合わせるバスの運ちゃんとライダー。チームプレイのたまものといった感じです。

この動画を見た人々からは、「笑顔がこみ上げてくるね」、「言葉不要でリスペクトし合う2人がクールだ」、「なんてクールなバスの運転手だ」と当事者を称える声や、「イギリスでは当たり前のこと」、「これが俺の国(イギリス)だ」、「この国(イギリス)を愛してる」といったイギリス国民であることを誇らしげに語る声が上がりました。イギリス人全員がこの動画にでてきたバスの運転手、ライダー、歩行者のような人ばかりだとは限らないでしょうが、イギリスは紳士の国というイメージ通りの動画ではあります。

電気自動車は静かすぎて、後ろに車がいるのかわからない時が多く、歩行者にとっては怖いものです。電動バイクも同じで静かすぎて、接近してきているのに気付かない時が多々あります。電気自動車や電動バイクを運転する人は、「歩行者は電気自動車や電動バイクの存在に気付きづらい」ということを念頭に置いていたほうが良さそうです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/jonnohopkins/status/1002083779639472130

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。