体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原料高騰で「よっちゃんイカ」からアタリ付きがなくなることが話題に

原料高騰で「よっちゃんイカ」からアタリ付きがなくなることが話題に
「カットよっちゃん10g」/画像はAmazonより
よっちゃんイカ」で知られる駄菓子「カットよっちゃん」が、原料となるイカの価格高騰を受けて、アタリ付きの「カットよっちゃん」など現在展開されているラインナップを販売終了する。

6月からは新たなラインナップで展開され、実質値上げとなることが話題を呼んでいる。

よっちゃんイカ、当たり付きが今日で販売終了

駄菓子屋の定番商品である「よっちゃんイカ」。

イカと魚肉を酢漬けにしたお菓子で、色味はややキツいが適度に歯ごたえのある食感とクセになる酸っぱさが子供たちに人気だった。

のち、大人になってからも酒のつまみとして筆者は重宝することもあった。

よっちゃん食品工業によると、原価高騰を背景に、既存のシリーズを刷新するとしている。

希望小売価格30円の「カットよっちゃん(当り付き)10g」「カットよっちゃん10g」「カットよっちゃんしろ10g」、同60円の「Bigカットよっちゃん25g」「Bigカットよっちゃんしろ25g」が販売終了。

6月からは新たに希望小売価格50円で「カットよっちゃん15g」「カットよっちゃんしろ15g」が販売される。

2017年12月に梅の花本舗によるロングセラー商品「梅ジャム」が製造終了した際も大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。

決してこの世から「よっちゃんイカ」が消滅するわけではないが、当たりが出たらお店でもう一袋「よっちゃんイカ」をもらえるあの体験ができなくなると思うと、すこし寂しい気持ちにはなる(駄菓子屋で購入する経験も久しくしていないが)。

よっちゃんイカのスマホケース

余談だが、既存商品販売終了の発表と同時に、よっちゃん食品工業から気になるアイテムが紹介されていたので、最後にそちらを紹介したい。

4571472721060_main_l

よっちゃんイカのスマホケース

よっちゃんイカのパッケージそのままなのだが、スマホケースにしてみると、赤を基調にした色味といいデザインといい、なかなかのインパクトだ。

よっちゃんイカの値上げを嘆く愛好家たちには、是非このスマホケースをチェックしてみてほしい。

引用元

原料高騰で「よっちゃんイカ」からアタリ付きがなくなることが話題に

関連記事

【海外コスプレイヤー】鋭利な視線で一突き 中国の迷失人形さんを受け止めたい
新米ナースの人気が急上昇 負け続けたい「せんせえ」たち
3000食タダで食わせてやんよ! 弁当屋さんの無謀なRTチャレンジの行方…

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。