体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイソンが『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』新色とプロモデルを発表

ダイソンが『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』新色とプロモデルを発表

ダイソンは5月28日、ヘアドライヤー『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』(以下『Supersonic』)の新色『ブラック/ニッケル』を6月20日に、ヘアサロン向けのプロモデルを5月31日に発売することを発表。発表会では、改めて『Supersonic』の開発の背景とその機能が説明されました。

dysonsupersonic2

2016年に発売された『Supersonic』は、150℃以上の過度な熱ダメージから髪を守り、早く乾かすドライヤーとして開発。2017年には、日本人の髪に合わせた製品が発売されています。

dysonsupersonic3

従来のヘアドライヤーは、「髪を乾かすのに時間がかかる」「「熱で髪のダメージを受けやすい」「頭皮が乾きにくい」「重たくて使いにくい」といった問題がありました。

dysonsupersonic4 dysonsupersonic5

同社は、従来のドライヤー用モーターと比べて約1/3に軽量化した『ダイソンデジタルモーター V9』を開発。さらに、従来は毎分3万2000回転程度のモーターを、毎分11万回転に高速化しています。

dysonsupersonic6

これにより、モーターをハンドルに埋め込み、ヘッド後方からの空気とヘッド前方周辺の空気を引き込んで気流を3倍にする“Air Multiplierテクノロジー”が実現。高圧で高速の風を送風可能にしています。

dysonsupersonic7

モーターをハンドルに内蔵することでヘッドが軽くなり、バランスがよくなるという効果も。

dysonsupersonic8

熱については、本体に内蔵した温度センサーが毎秒20回、温度を計測。設定温度の45~100℃に保ち、過度に熱を与えないように自動で制御します。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。