体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

STEM教材として注目 プログラミングと工作ができる電子回路ブロック『Makeblock Neuron Inventor Kit』を体験してきた

STEM教材として注目 プログラミングと工作ができる電子回路ブロック『Makeblock Neuron Inventor Kit』を体験してきた

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修科目になることから注目が集まる“STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)”教育。STEM教育のソリューションを世界で提供するMegablock社は5月25日、メディア向けの勉強会を開催。同社の事業と4月に発売したSTEM教育玩具『Makeblock Neuron Inventor Kit』(以下『Neuron』)について説明を受けた後、『Neuron』を使った工作とプログラミングを体験してきました。

makeblock2

同社はStem教育のハードウェア、ソフトウェア、カリキュラム、ロボットコンテストと、プログラミングやロボティクスを学ぶオールインワンのソリューションを提供している企業。STEM教育ロボットキット『mBot』や、プログラミングできるモジュール式ドローン『Airblock』、『Neuron』といった知育キット、ロボットを拡張するDIYキットやパーツを販売しています。

makeblock3

同社の製品は世界140か国以上、2万校以上の学校に導入されており、日本ではソフトバンク コマース&サービスから販売、現在8校の小中学校で授業に導入されています。

makeblock4

同社の競合優位性について尋ねたところ、オープンソースのプラットフォームを提供している点を強みとして挙げていました。Windows/Mac向けに提供するプログラミングソフト『mBlock PC』は、ビジュアルプログラミング言語Scratch 2.0に基づいており、Arduinoのプログラミングにも対応。小中学生だけでなく、大学のエンジニアリングの授業にも利用されているそうです。このほか、スマートフォンやタブレットで利用できる『Makeblockアプリ』、子供がロボットプログラミングについて学べる『mBlock アプリ』を提供しています。

makeblock5

『Neuron』は、対象年齢6歳以上のSTEM教育玩具。キットは電源とBluetooth通信、入力インタフェースとなるジャイロセンサー、クリップコードの電位を読み取るセンサー、出力インタフェースとなるサーボドライバー、サーボ、ブザー、LEDパネルという8種類の機能を持ったブロックから構成します。

makeblock6

ブロックを接続端子でつなぎ合わせることで回路を構成。ブロック同士は内蔵の磁石で簡単に組み合わせられるのが特徴です。

makeblock7

ブロックと身の回りのものなどを組み合わせて単体の工作ができる“オフラインモード”、Bluetoothブロックでスマートフォンやタブレットと通信することで、端末からプログラミングができる“オンラインモード”の2種類のモードが利用できます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。