体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤムチャしやがって……! サイバイマン自爆シーンの“絨毯アート”がハイクオリティすぎる

agito0219

超絶技巧の絨毯アートで有名なあぎとぅ(原作版)さんが、自身の『Twitter』(@agito0219)で最新作を公開。国民的マンガ・アニメであり続ける『ドラゴンボール』(作・鳥山明)の人気キャラクター“ヤムチャ”を語るうえで欠かせないあのシーンを再現し、数多くのリツイートやいいねを集めています。


あぎとぅ(原作版)さんが絨毯に描いたのは、「サイヤ人編」でヤムチャがザコ敵“サイバイマン”の自爆に巻き込まれたシーン。ヤムチャのヤムチャたる所以を体現し、“やられ役”としてのイメージが定着する要因ともなった姿です。

サイバイマンとの戦闘で出来たクレーターを細かいひび割れまで忠実に表現し、その立体感は本当に大きな穴があいているかのよう。よく見ると、吹き飛んだサイバイマンの手もしっかりと描かれています。これは問答無用で「ヤムチャ死す!」ですわ。

ツイートのリプライ欄には、「スゲェェェ!!!」「この人おかしいんだって創作のレベルが!!」「オラに画力を分けてくれ!」などと、そのクオリティに驚愕するコメントが相次いでいます。

2015年にはプレミアムバンダイから『HG ヤムチャ』としてフィギュア化され、その後もヤムチャを主役とした外伝マンガが登場するなど、ある意味でファンの心をくすぐり続けるヤムチャ。絨毯アートになってもその死にざまは見事としか言いようがありませんね。


よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。