体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤクザと刑事――それぞれの正義、生き様をエネルギッシュに描く人間ドラマ

1805241

“警察小説×仁義なき戦い”と評される柚月裕子の同名小説を、白石和彌監督で映画化した『孤狼の血』が公開中。

昭和63年の広島・呉原。所轄署に配属となった日岡は、ベテラン刑事・大上と捜査を担当することに。暴力団との癒着を噂される大上の常軌を逸した捜査に日岡は困惑、反発するが、担当する事件を発端に暴力団組同士の抗争が激化していく──。

大上役を役所広司、日岡役を松坂桃李がそれぞれ演じる。架空都市・呉原を舞台に熱くぶつかり合う、男たちの激しい生き様に痺れる。

孤狼の血
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子/中村獅童、竹野内豊/ピエール瀧、石橋蓮司・江口洋介
(2018年/日本)
公開中
©2018「孤狼の血」製作委員会
http://www.korou.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。