体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人アーティストとして初!HIP HOPクルーDosMonos、米レーベルDeathbomb Arcと契約

Dos Monosアーティスト写真

三人組HIP HOPクルーDosMonos(ドスモノス)が、米レーベルDeathbomb Arc(デスボム•アーク)と契約。
DosMonosは荘子it(Trackmaker/Rapper)iizuka taitan(Rapper)没(Rapper/DJ)からなる、3人組HipHopクルーで、2017年には初の海外ライブをソウルのTHE HENZ CLUBで成功させ、その後は「出れんの!?サマソニ!?2017!?」にて応募総数3600組を勝ち抜きSUMMER SONIC2017に出演。
荘子itとiizuka taitanは同年FUJI ROCK FESTIVALにおいて、DATSのアクトにゲストラッパーとして出演したことでも話題となった。

契約先となる米レーベルDeathbombは先日、米大手音楽メディアPitchfork(ピッチフォーク)でBest New Tracksを獲得した気鋭のラッパーJpegmafiaや、史上2度目となる米ヒューゴー賞にノミネートされたバンドClipping.などが所属するLAを中心に活躍するレーベル。
本レーベルが日本人アーティストと契約するのは史上初であり、新人の日本人HIP HOPアーティストが海外レーベルと契約を結ぶのも異例のこと。

DosMonosの音楽性は、荘子itの手がけるフリージャズやプログレッシヴロックのエッセンスを現代の感覚で盛り込んだビートの数々と、3MCのズレを強調したグルーヴが特徴である。その特異な音楽性は、ますます多様化が進む日本のHIP HOPシーンにおいてもひときわ異彩を放つ。そうしたポテンシャルが高く評価され、正式な発表音源が一曲も無いにも関わらず今回の契約に至った。
DosMonosは、今回の契約をきっかけとしてアメリカを中心に世界に活動範囲を広げ、ボーダレスなHIP HOPアーティストとして楽曲製作やライブ活動を行う予定。これから最注目のHIP HOPクルーとなるだろう。

DosMonos OFFICIAL Twitter
DosMonos Soundcloud

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。