体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OnePlus 5Tのジェスチャーナビゲーッションはフルスクリーンのスマホで今後流行りそうな方式

OnePlus 5T の発売後に導入されたナビゲーションバーを使わずに Android を操作できるジェスチャーナビゲーション機能をご紹介します。
機能は OnePlus 5T だけでなく、OnePlus 6 にも組み込まれています。
OnePlus 5T におけるデフォルトの操作方法は多くの Android デバイスと同様に、画面内に表示されるナビゲーションバーを使用しますが、OxygenOS の最新バージョンにはナビゲーションバーを非表示にして、フルスクリーン状態のまま操作できる「ジェスチャーナビゲーション」がオプション機能として実装されており、ディスプレイ全体をアプリでフルに活用できます。
ジェスチャーは、画面中央のスワイプアップでホーム、左右のどちらかをスワイプアップして戻る、中央をスワイプアップしてそのまま画面中央付近で長くタップするとアプリ履歴を表示できる、という仕組みです。
いずれも画面を下から上にスワイプすれば良いのです。
フルスクリーン状態でのナビゲーション機能は他社のスマートフォンでも一部に搭載されていますが、その中でもOneplus 5T のジェスチャーナビゲーションは上にスワイプするだけなので直感的に端末を操作でき、個人的にはこれが今最も使いやすい方式だと思います。
もしかすると、OnePlus のジェスチャーナビゲーションは他社でお手本にされるかもしれません。
このオプション機能は、設定メニューの「ボタン」→「Navigation bar & gesture」にあります。

■関連記事
Wear OSがActions on Googleに対応、Android P プレビュー版が公開
Moto Z3 Playのスペックとソフトウェア機能がリークされる
なんと1TBのストレージを搭載したAndroidスマホ「Smartisan Nut R1」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。