体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空きの座席をアプリで予約できる「Seatify」が7月に国内で開始

CiaoTechnoligies は 5 月 22 日、フリーランスやリモーt−ワーカーなどのオフィスを持たない働き方している方に仕事スペースを提供し、アプリで簡単に予約できる座席シェアリングサービス「Seatify」の国内展開を発表し、ユーザーの事前登録受付を開始しました。
Seatify は、空いてい席を有料・無料でレンタル提供できるサービスで、スマートフォンアプリを使って貸出の登録や予約が行えます。
世の中には駐車場や倉庫、会議スペースを他のアプリユーザーに貸し出せるサービスがいくつか見られますが、Seatify もそれと似ており、自分所有の座席やアイテム(充電設備等)を公開し、貸し出すことができます。
「仕事スペースならそこらのカフェを利用すればいい」と思うかもしれませんが、Seatify なら事前に予約できるので座席をしっかりと確保することができます。
つまり、座席を離れても取られる心配がありません。
また、座席のカタログにはお店や施設で利用できるアイテム(充電設備等)も掲載できるので、必要なアイテムを持ち合わせていなくても借りることができ、事前にチェックしておけば出張時の荷物を減らせることにも繋がります。
Seatify を利用すると、座席を提供することで集客を促進できるほか、空いている座席を Seatify を活用してビジネスすることもできます。
しかし、有料で提供できる座席は限られており、二重課金となりそうなカフェやレストラン、有料ワーキングスペースは例外(リスト掲載の対象施設)を除いて無料です。
また、図書館・大学のような公的施設も無料での提供に限られます。
Seartify はまず東京 23 区で開始されます。
Source : Seatify 公式サイト

■関連記事
なんと1TBのストレージを搭載したAndroidスマホ「Smartisan Nut R1」が登場
Twitter for Androidの絵文字がTwitter独自のデザインに変更
「Nebula Capsule Projector」はAnkerのAndroid 7.1を搭載したスマートプロジェクター

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。