体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S IIIのベンチマーク結果(動画あり)

Samsungの新フラッグシップ「Galaxy S III」の各種ベンチマークアプリのテスト結果がEngadget、PhoneArenaで公開されていました。Galaxy S IIIでは、Galaxy S IIからハードウェア・ソフトウェアにおいて様々な改良が施されたようですが、その中でも、システムやアプリを動かすプロセッサが32nmの新プロセスの下で製造されるExynos 4 Quad 1.4GHzになった点が大きく注目されています。スペックは現行のAndroidスマートフォンの中でTegra 3版HTC One Xとトップを争う位置に付けていると思いますが、結果はどうだったのでしょう。試されたベンチマークアプリは、ブログ等における性能評価で頻繁に用いられているQuadrant・Antutu(CPU、RAM、Disk I/O、2D/3Dグラフィック)、Linpack(CPU演算)、Nenamark(Open GL ES2.0)、Vellamo(WEB性能)の5種類。Quadrantはトータルで5189ポイント。Antutuはトータル11492ポイント。Linpackは、シングルスレッドでは51.337MFlops、マルチスレッドでは101.606MFlops。Nenamark2は59.8fps、Vellamoは2094ポイント。

 Galaxy S IIとの比較では、全てのアプリでそれを上回っています。Quadrantを見るとスコアの伸び率は34%(Android 4.0のGalaxy S IIのスコアは4,000を越すんですけどね)。Tegra 3版HTC One Xとの比較では、Linpack(マルチスレッド)以外ではそれを上回っていますが、Vellamo以外については同程度と言えるほどの違いしかなかったようです。Snapdragon S4を搭載したAT&T向けHTC One Xとの比較では、LinpackとVellamo以外のアプリでそれを上回っていますが、大差はなかったようです。 Source : EngadgetPhoneArena



(juggly.cn)記事関連リンク
SIMフリーのXperia sola MT27iが香港で発売中
HTC、HTC One S用キックスタンド付きケースを近く米国で発売
Samsung、Galaxy S IIIと一緒に専用アクセサリー・周辺機器、小型MP3プレイヤー「S Pebble」も発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。