体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Google Payでビジネスを拡大し、支払い体験を改善する新機能を発表

Google は 5 月 17 日、少し前に Andorid Pay からリニューアルした「Google Pay」のアップデート情報を一挙に公開しました。
他社の決済サービスに対抗して誕生した Google Pay では、モバイルデバイスを使用して実際の商品を購入したり、アプリや WEB サイトでの買い物でも使用でき、ポイントカードや会員証、ギフトカード等も使用することもできます。
また、支払いやデジタルカードの利用履歴を一箇所で確認することができます。
Google Pay は今後新たに、デバイスやブラウザに関係なく Google Pay での支払いやカードの登録が可能になります。
また、各種チケットや交通系のプリペイドカードをスマートフォンで使用できる Google Pay API for Passes が開発され、現在は試験運用中です。
段階的に日頃の生活の中でも役立つ存在になっていきます。
Actions on Google でのサポートによって Google アシスタントだけでなく、Google 検索にも対応し、より多くのデバイスで利用できるようになるほか、今後は新たにスマートディスプレイにも対応します。
他にも、Google アシスタントを通じてデジタルコンテンツを販売できる機能が開発者向けにプレビュー提供されており、今後は Google アシスタントでアプリ内購入、定期購入、ゲームアイテム、プレミアムコンテンツ等の購入も可能になります。
Source : Google

■関連記事
YouTubeアプリに動画視聴の休憩を促すリマインダー機能が追加
UQ mobile、Huawei P20 Liteを発売
GoogleのFiles Goにジャンクファイルの消去機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。