体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイのぽっちゃりファッショニスタのなりきりコスプレがクォリティ高いわけじゃないのにジワる

「ぽっちゃり×ファッショニスタ」と言えば、渡辺直美さんをすぐに思い浮かべます。渡辺直美さん的なぽっちゃりファッショニスタがタイ王国にも存在するって知ってました? タイの渡辺直美とも言えそうなのが、「framsook_lek_lek」という『Instagram』アカウントで著名人のコスプレを披露しているSine Benjaphornさん。これまでにタイ国内はもちろん、中国語圏や英語圏のメディアでたびたび取り上げられたことのあるコスプレイヤーです。

とは言うものの、彼女のコスプレは再現精度が高いというわけではありません。どこにでもあるようなものを使ったコスプレが彼女の特徴です。


ทราย เบญจพร

Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2018年 1月月3日午後9時30分

PST

https://www.instagram.com/p/BdhA_goDErQ/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

屋台のソーセージをマイクに見立てた演説中の金正恩。


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2017年 4月月19日午前2時38分PDT

https://www.instagram.com/p/BTD-wFOj28L/?taken-by=framsook_lek_lek

またしても金正恩。彼女のお気に入りキャラのようです。キャラじゃないけど。


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2017年11月月9日午前3時55分PST

https://www.instagram.com/p/BbRglHbDu-x/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

『ワンピース』のポートガス・D・エース。


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2017年12月月24日午後11時30分PST

https://www.instagram.com/p/BdHelJIjX5Q/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

これはBNK48ですね。


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2016年11月月14日午後11時37分PST

https://www.instagram.com/p/BM0psyaB1cl/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のポスター。なにがウケるか確実にわかってるんだろうな。


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2017年 9月月29日午前4時56分PDT

https://www.instagram.com/p/BZn8ENsDVfF/?taken-by=framsook_lek_lek

『リトル・マーメイド』のアリエル。赤毛はひょっとして唐辛子?


ทราย เบญจพร Sine Benjaphornさん(@framsook_lek_lek)がシェアした投稿 – 2017年 2月月4日午前6時31分PST

https://www.instagram.com/p/BQF9cWRg-0T/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

タイのショッピングセンター『ターミナル21コラート』内の東京フロアで招き猫コスプレなんかも。

クォリティはさておき、とにかく楽しい写真がたくさん公開されているので、彼女のコスプレをもっと見たい人は以下のリンクからのぞいてみてください。

『Instagram』 framsook_lek_lek [リンク]
https://www.instagram.com/framsook_lek_lek/?hl=th

※画像:『Instagram』から引用
https://www.instagram.com/p/BVPRX9oDwR5/?hl=th&taken-by=framsook_lek_lek

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。