体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTube、有料音楽サービスを再編成!月額約1100円で提供開始

現地時間5月16日、YouTubeは自社のミュージックストリーミングサービスの再編成を発表。現行の「YouTube Music」を、月額9.99ドル(約1100円)の会員制サービスとして、新たに開始する。同時に、従来の有料動画配信サービス「YouTube Red」も、「YouTube Premium」に改め、月額11.99ドル(約1300円)にて提供する模様。

・サービスを2種類に分割して再スタート

日本ではなじみがないが、「YouTube Music」は、米国で展開している有料会員サービス「YouTube Red」に含まれる音楽サービスだ。今回の再編成では、ミュージックストリーミングサービスと、広告なしの動画コンテンツ「YouTube Premium」の2種類に分割される。

改名された「YouTube Music Premium」は、「YouTube Music」と「Google Play Music」を合体させたようなもの。「YouTube Red」の会員(「YouTube Music」が提供開始される以前に「YouTube Red」に加入しているすべてのユーザー)および、「Google Play Music」の会員は、月額9.99ドルのまま、「YouTube Premium」を利用できる。

・日本での展開は未定

サービス開始は、5月22日。本国を筆頭に、韓国、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドでリリースされ、数週間のうちに14か国で提供する模様。ちなみに、今のところ、日本での展開は未定。

souce by THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。