体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「結局、“顔”が持ち味だった」芸人・ひょっこりはんが行き着いた、自分の道を見つけるコツ

「結局、“顔”が持ち味だった」芸人・ひょっこりはんが行き着いた、自分の道を見つけるコツ ひょっこりはん ひょっこり インタビュー 芸人

ひょっこりはん ひょっこり インタビュー 芸人一度見たら忘れられないインパクトのある風貌と芸風の芸人・ひょっこりはんさん。元日恒例のバラエティ番組『ぐるナイ おもしろ荘』(日本テレビ系)に出演し、“ひょっこり”顔を出すネタで一躍人気に。どこか憎めないキャラクターは、さまざまな葛藤の中から自分の強みを見つけられたことで生まれたといいます。これまでの活動の経緯から、ひょっこりはんさんに「自分の道を見つけるコツ」お話を伺いました。

友人に誘われて大学進学、そしてお笑いサークルへ――

ひょっこりはん ひょっこり インタビュー 芸人――元日のネタ番組出演以降、ドラマやCMにも出演するなど一気に活躍の場を広げられています。

やり始めた当初から「ただ顔を出してるだけやないか」みたいに言われることもありましたが(笑)、やり続けてよかったです。とくに、番組を見た芸人さんから「よかったよ」と言ってもらえたのはうれしかったですね。ピンで活動する前は、コンビで正統派の漫才をやっていまして。正統派とは真逆の“ひょっこりはん”になってからは「大丈夫か」と心配をかけていましたから(笑)。

――別の芸風に大きく転換されていたのですね。元々お笑いの道を志したきっかけはなんだったのでしょうか。

自分がお笑い芸人になるなんて、かなり予想外の出来事でした。高校生のころは、漠然とクリエイティブなことがしたいと思って、マスコミの仕事を考えていたんです。そこで、まずは大学進学を、と考えていたときに「一緒に早稲田を目指そうぜ」と同級生に誘われたんです。それで、引っ張られるように僕も早稲田大学を受験することに決めて。結局、その彼は一浪して合格し、僕はもう一年浪人して入学できました。で、入学すると今度はまた「一緒にお笑いやろう」と彼が入っていたお笑いサークルに誘われたんです。「まあ、制作側の仕事でも、表舞台を経験した方がよかったりするのかな」なんて軽い気持ちからお笑いを始めました。

――友人に誘われて大学に進学し、そしてお笑いサークルに入ることになった、と。本格的に芸人を目指そうと思ったのはいつからでしょうか。

正直、大学4年生になってからですね。いざ、就職活動するときに「結局、何がしたいんだろう」と悩み始めてしまって。あんまり身が入っていなかったのもあって、マスコミ業界を受けてみるものの、結果は芳しくなく。芸人としてやってみたい気持ちもあったので、「就職が決まらないなら、飛び込んでみるチャンスかも」、と卒業後はお笑いの養成所に入ることにしました。

――誘われてお笑いを始めてみたら、いつの間にか本格的にやってみたい気持ちがでてきたのですね。

誘ってくれた友達がいなかったら、そもそも頑張って勉強して早稲田を目指してなかっただろうし、お笑いもやってなかった。誘われるがままに、ひょっこり顔を出していたら、想像とは違う進路が待っていました(笑)。彼のおかげで人生が大きく決まりましたね。

ピンで活動して気づいた、「顔」という持ち味

ひょっこりはん ひょっこり インタビュー 芸人――そしてお笑い芸人として、コンビで活動されました。コンビ時代、苦労したのはどんな点だったのでしょうか。
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。