体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランスの大学には受験がない〜日本とフランスの大学と学生、6つの違い〜

よく欧米の学生に比べて日本の大学生は…という批判を聞きます。そういった批判を聞く度、実際欧米の学生ってそれほどまでに日本人の大学生と違うものなのだろうかという疑問を持ったことってありませんか。

筆者は、日本の大学を卒業したあと、フランスの大学で学び卒業しました。経験からこの疑問に答えるべく、日本とフランスの大学と学生の違いについてお話します。

フランス人学生は大学で勉強しない!?

フランスの大学には受験がない。日本とフランスの大学と学生の違い
欧米の大学生は大学に入るのは簡単だけれど、卒業するのが難しいという話をよく耳にします。筆者もフランスの大学に入るときは、ものすごい勉強しないと卒業できないというようなことを言われてきました。フランス人の大学生は受験生並みに大学で勉強しているものだと想像していましたが、実際は日本の大学生より少し勉強している程度。

これは筆者の属していた学部だけなのかと思い、他の学部出身のフランス人に聞いてみたところ、「日本でそんなこと言われてるの。日本人の大学生と変わらないよ」という言葉が。フランスでは医学部や法学部であれば、受験生並みに勉強しなければならないようですが、その他の学部の学生たちの勉強量は私たちが想像しているよりも少ないように思います。

ただ留学生は、外国人だからといって言語のハンデを認めてもらえることが少なく、採点は厳しいものでした。外国人がフランスの大学を卒業するのには、かなり勉強しなければなりません。

受験がない

フランスの大学には受験がない。日本とフランスの大学と学生の違い
フランスの大学は日本のように入学試験はありません。高校卒業時にバカロレアという試験を受け、取得することができれば、基本的にどの大学に入ることもできます。人気の大学には定員を超える応募があるので、その場合は、バカロレアの成績や志望動機によって受け入れが決まります。
バカロレアについてですが、2017年度ではバカロレアを受験した学生の約80%が取得しています。バカロレアを取ること自体はそこまで難しいことではないようです。

学費が安い

フランスの大学には受験がない。日本とフランスの大学と学生の違い
筆者がフランスの大学に入学して驚いたことといえば、学費がかなり安いということ。筆者が登録をしたパリ第八大学の授業料は、2017年度で、保険と授業料を合わせて、約400ユーロ(2018年4月現在約52000円)。授業料が比較的安いと言われている日本の国立大学に比べても、驚くべき値段です。

フランスはなぜこのように授業料が安いのでしょうか。フランスでは、裕福な家庭の学生だけでなく、全ての階級の学生が平等に高等教育を受けることができるように、授業料が設定されているとのことです。

また授業料が安いからといって、授業内容が劣っているということは全くありません。フランスの大学の授業は日本と比べても水準がかなり高いというように思いました。カリキュラムもしっかりしていて、個人的にはフランスの大学で学べたことは大きな財産となりました。

留年、専攻の変更が多い

フランスの大学には受験がない。日本とフランスの大学と学生の違い
フランスでは日本と比べて、留年、専攻の変更をする学生が多いのが特徴です。2016年度では1年次から2年次に上がった学生は40%。大学を3年間(フランスは学部は3年、院が2年というシステム)で終えることができた学生は約27%だったという数字が出ています。この数字を見ると、フランスの大学は卒業するのが難しいように思いますが、1年次から2年次に上がる時に、専攻を変えて中退をする人がかなりいること。そして、働きながら大学に通う学生は1年次を2年間で終えるという学生もかなりいるのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。