体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新時代の販促ツール!?デバイスと連動するデジタルペーパーカタログ「Magik Book」が面白い

タブレットで画面をスワイプしていると、本のページをめくっているような感覚に陥るときがある。そんな錯覚を現実のものにしてれるのが、この「Magik Book」。本体のページをめくると、手持ちのタブレットやスマートフォンの画面が切り替わるという、世界初のデジタルペーパーカタログだ。

・デジタルコンテンツと連動したペーパーカタログ

見た目は、まさに薄型の本という感じの本体。タブレットまたはスマートフォンとシームレスに結合し、各ページが回転すると、同期したデジタルコンテンツが応答する。

例えば、車のカタログ。車両の写真が出ると同時に、道路を疾走する動画が、タブレットに映し出される。カタログと同期さえすれば、アニメーションや音楽など、あらゆるインタラクティブモデルに反応する仕組みだ。

・カタログを見ながらその場でオーダー

気に入ったものがあれば、カタログを見ながら、その場で購入できるのも、本品の利点。タブレットに表示された製品をタッチすれば、それでオーダーは完了だ。使い方もシンプルで、事前に専用アプリのダウンロードをしておくだけ。iPads、iPhoneはもちろん、Androidにも対応している。

開発元は、ポルトガルのスタートアップ。本品によって、デジタルと伝統を巧みに組み合わせた、新たなマーケティング・ソリューションをめざす。新時代の販促ツールとして、大いに活躍しそうな予感。

Magik Book

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。