体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!

この『ガジェット通信』でもたびたびご紹介している風俗のお話ですが、僕はモノを書くときに必ずバイトでも何でもいいから、その仕事を経験してみることにしています。

もちろん違法なことはしませんが、風俗店としての認可を受けたお店などでは、システムなどを知るために潜入してみるわけですね。やっぱり、外から見ているのと、中でじっくりと観察することは違いますから……。

今回は、私が大阪と京都の複数店舗で遭遇した、ちょっとおかしな風俗嬢たちのお話をしてみたいと思います。

胡散臭い水が〇〇円!

まずは、一軒目。こちらは、5年前に働いた鼠径部マッサージを行うデリバリーのメンズマッサージ店でした。実際にはどのようなマッサージを施術するのかということとシステムが気になり、アルバイト店員として働いてみることに……。
お店側は、僕がライターだということは知りませんでした。

35歳を迎えたおっさんがバイト店員で働こうというのですから、ほとんどパシリのような扱いですね。

まずは、電話を受けてから、備品であるローションやタオル、マッサージオイル、タイマーなどを女の子に持たせます。それから、お客さんの元へ軽自動車を運転して、送っていくのが仕事です。

この話はS美ちゃん(23歳/セラピスト歴2年)のお話です。
女の子と距離を置くのがこの仕事の掟なのですが、数ヶ月仕事を共にしていますと、情がわくといいますか、なんといいますかで、距離感が狭くなります。

「なぁ~丸野さんって彼女いるん? なぁ~結婚とかしてるん?」

「えっ、結婚もしてるし、悩みもないよ。子供もいるし……」

「そうなんや~、今度一緒にご飯食べ行かへん?」

後日、僕も彼女もどちらもお休みだったので、どんな話になるのか、居酒屋で待ち合わせしてみますと、やはり“付き合ってほしい”というお話からはじまりました。ホストの元カレと別れてから半年も経つと、淋しいと言います。

正直、マッサージ店の内情にしか興味がないのでお断りすると、ビールのゲップと共に今までの自分の境遇を吐露しはじめました。

なんでも、彼女は裕福な家庭に生まれたのですが、人生に刺激がないので、16歳のときに家出。岡山から大阪に出てきて、ずっと男が切れたことがないようです。

それはすべて、自分が信じている新興宗教のお水を飲んでいるから救われていると言います。お、お水ぅ……?

なんでも、そのお水は念仏を唱える教祖様が手の中から生み出したお水のようで、500mlで3万円もします。お肌もつるつるになるし、自分自身が厄除けのお札のような体に清められるので風俗で働いていても病気知らずだといいます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。