体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TDR35周年記念コンサート開幕! 感涙の歴史を生歌&生オケでプレイバック:オタ女ディズニー部

今年4月15日、東京ディズニーリゾートが開園35周年を迎えたことを記念して、全国ツアーのコンサートがスタートしました! パークの新旧映像をスクリーンに映し出してオーケストラと生歌で迫力と感動のステージを展開するということで、オタ女ディズニー部もさっそく鑑賞してきたよ。

コンサートはこれまでのアニバーサリー・ソングを皮切りにアトラクションやショー/パレードの曲、そして過去の季節イベントの曲など、東京ディズニーランドのファン歴が長ければ長いほど感動するラインナップ。もちろん最新の35周年のテーマソング「Brand New Day」も登場します。

この種の企画で面白い点は、ファン歴の差によって、反応するパートが異なること。35年間ファンの方は全部に反応する一方で、ここ最近のファンの方は、5周年の映像や音楽を静かに受け止めていたり(笑)。長い年月、さまざまな世代に愛されているということを知る瞬間でもあります。

もちろん、東京ディズニーシー編も公演します。記憶に新しい「レジェンド・オブ・ミシカ」の映像&音楽をはじめ、現行ショー「ファンタズミック!」までもカバー。「ビッグ・バンド・ビート」が始まった時は、思わず会場を出て、東京ディズニーシーに行ってしまおうかなと思ったほど。

完全に余談ですが、例のパラパラを踊ることに。これ、最近の舞浜系イベントまわりでは踊る機会が多い(ハロウィーン初日とか)というか、定期的にダンサブルな瞬間が訪れるので、メディア関係といえども例外なくマスターしておいたほうがいいと思いました。これ、完全に余談ですが。

東京ディズニーランドで公演中の「ワン・マンズ・ドリーム」も一部再現します。この時もすぐにでも会場を飛び出して、ランドのラス回の抽選に参加しようと思ってしまった。コンサートでは最後のほうの一番いい場面を切り出しておりました。ワンマンズ、ウォルトの。素敵なショーです。

会場には35周年関連のグッズも置いてあったので写真をいくつかパチリ。

35周年をパークの中だけでなく、コンサートというカタチでお祝いしてみてもいいかもですね。全国11か所で開催するので、お近くの方はどうぞ!

■公演スケジュール
https://www.disney.co.jp/eventlive/tdr35-concert/schedule.html

文章:ときたたかし
(C) Disney

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。