体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】真・女神転生の都市伝説「すぐにけせ」の真相が判明 / 開発者が話す開発秘話

megami-tensei-suguni-kese

スーパーファミコン用ソフト「真・女神転生II」に、都市伝説が存在するのをご存知だろうか。非常に低い確率でタイトル画面に「すぐにけせ」というメッセージが赤く表示され、ブザー音が鳴り響くというものである。

・真相にたどり着いた者はいない
この件に関して、多くの人たちが検証。しかし確率的に1/65536で発生する現象といわけており、再現性が非常に難しいことから、真相にたどり着いた者はいない。そして、いままで一度たりともゲーム開発者本人が真実を語ることはなかった。その影響もあり、以下のような噂やデマが今まで広まってきた。

・今までに広まってきた噂やデマ
1. 「真・女神転生II」で発生した
2. 確率的に1/65536で発生する
3. リセット時にランダム抽選で発生
4. 「真・女神転生I」での検証動画の公開(すぐにけせが表示される)
5. 自称開発者が匿名で「真・女神転生I」の初期ロットだけに出るとネット発言

megaten2

・鈴木一也に真相を聞いてみた
そこで今回、実際に数々のメガテンシリーズの開発に携わってきた、まさにメガテンの生みの親、鈴木一也氏に真相を聞いてみた。彼は現在、女神転生スタッフを再集結し、新たなゲーム「十三月のふたり姫」の開発に携わっている人物。

はたして「すぐにけせ」は存在するのだろうか。存在するのであれば、どのような条件下で発生するのだろうか。鈴木一也氏かが語る真相は以下の通り。

・鈴木一也氏のコメント
記者「都市伝説化した「すぐにけせ」の噂ですが、そもそも本当に発生する現象なのでしょうか?」

鈴木「デマです。作ったプログラマー本人にも聞きましたが完全否定しています」

記者「ええっ! リセット時にランダム抽選が始まり、1/65536の確率で出るという噂も!?」

鈴木「デマです。実際に作ったプログラマーが「もし本当にそんなのが入っているとしたら、自分が錯乱していたか、本当の超常現象だ」と言っていました。リセット時にランダム抽選をするシステムは可能ですけど」

記者「他人に知られないようにプログラマーが仕込んだ可能性は?」

鈴木「絶対そんなことはしませんね。特に「真・女神転生II」のプログラマーは凄く真面目で、これはスタッフ共通の意見です」

記者「複数の開発者が「すぐにけせ」の存在を否定しているわけですか」

鈴木「そうですね。サブプログラマーもデマと断言しています。ユーザーからは「呪いですか?」と問い合わせがあったくらい本気で信じられていましたが」

記者「どうしてこんな噂が流れたんでしょうね」

鈴木「それには理由があると思いますよ。ナムコから出したファミコン版「女神転生」のとき、アトラスが雇った外注プログラマーがおちゃめな仕掛けをしていまして」

記者「今回の「すぐにけせ」みたいな仕掛けですか?」

鈴木「バグという悪魔がいたのですが、それが出ると、非常に低い確率で「カブちゃんはデバッグをはじめた」というメッセージが表示され、勝手に戦うモードになるんです」

記者「なかなか大それた仕掛けですね。確率にもよりますが、さすがにプレイヤーにバレたのでは」

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。