体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本とは違う? 一緒? 語らずにはいられないバンコクで見たいろいろなシーン

▲非常に親日で知られるタイの首都バンコク、日本人も多く居住している都市ですが、街のなかはいろいろと違っていること、または似ていることがあります。バンコクモーターショーを取材しつつ感じた、街中の様子を少しお届けしましょう

▲非常に親日で知られるタイの首都バンコク、日本人も多く居住している都市ですが、街のなかはいろいろと違っていること、または似ていることがあります。バンコクモーターショーを取材しつつ感じた、街中の様子を少しお届けしましょう

バンコクは日本と似ているところもあるけれど、車のエンジンは様々なところに流用され、巨大な中古パーツマーケットが存在する

バンコクの渋滞はかなりひどいもので、世界的にもトップクラスといわれています。そうした渋滞のなかでも警察官による交通違反の取り締まりはしっかりと行われています。

日本の警察官というと、服装規定などがかなり厳しい感じがしますが、バンコクのおまわりさんはちょっと違いました。

ものすごい排ガスのなかで交通整理をしたり、違反者の取り締まりをしなくてはならないですからその装備も特殊です。

強い日差しを避けるためにサングラスは必需品ですし、マスクをしていることも多いのです。ですからほとんど素顔はわかりません。

▲バンコクで交通関係を担当する警察官はサングラスとマスクが必需。高速道路でも生身で立って、交通整理や監視を行っている

▲バンコクで交通関係を担当する警察官はサングラスとマスクが必需。高速道路でも生身で立って、交通整理や監視を行っている

マスクにサングラスで監視

車のナンバープレートは、日本のプレートとあまり変わらない縦横比です。

ベース色は目立ったところで白、黄色、赤の3色がありました。現地の方に確認したところ白は自家用、黄色は営業用、赤は仮ナンバーとのことでした。

仮ナンバーは高速道路を走ってはいけない、夜間は走ってはいけないなどのルールがあるそうですが、あちらこちらの高速道路で見かけましたし、夜間でも多く見られました。

日本で仮ナンバーを見かけるより明らかに頻繁に見ます。タイでは車を買うと仮ナンバーで持って帰り、その後正規のナンバーを取り付けるそうです。

仮ナンバーが多いということは、車が売れているということなんですね。

▲ナンバープレートの縦横比はほとんど日本と同じ感じ。公用ナンバーでもう少し横長のものを見かけることもあった

▲ナンバープレートの縦横比はほとんど日本と同じ感じ。公用ナンバーでもう少し横長のものを見かけることもあった

黄色のナンバー 赤のナンバー

高速道路網はけっこう発展しています。とくに都市高速はしっかりと整備されているのですが、何しろ交通量が多いのです。

ですから道路が車をさばききれず、年がら年中渋滞しています。

料金所には現金払いのゲートと、日本のETCのような非接触型料金徴収システムのイージーパスとMパスのゲートがあります。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。