体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ベスト・キッド』から34年――新章『コブラ会』が『YouTube Red』で配信開始 エピソード1と2は無料視聴可能(日本語字幕あり)

『YouTube Red』オリジナル作品、『コブラ会(Cobra Kai)』全10話が、5月2日に配信開始となりました。

Cobra Kai: The Karate Kid Saga Continues [リンク]
https://www.youtube.com/playlist?list=PLxm–8AYWEDelTYpYi2zulMEw-0T-M5IH

エピソード1と2の2話(日本語字幕あり)が無料、エピソード3以降は1話ごとに300円となっています。

あらすじ:1984年のカラテ大会から30年経った現在。ホームレスではないものの、すさんだ生活を送るジョニー。一方、経済的にも家庭的にも恵まれた生活を送るダニエル。ジョニーの愛車『ポンティアック・ファイヤーバード』を修理にだした先がダニエルの経営する自動車ディーラーだったことから、2人は運命の再会を果たす。ダニエルへのライバル心が再び湧きあがったジョニーは『コブラ会』道場をオープンすることを決意。2人の運命が34年ぶりに交差し、『ベスト・キッド』新章の幕が開ける。

Cobra Kai Ep 1 – ワルの中のワル – 「ベスト・キッド」のサーガは続く (YouTube)
https://youtu.be/_rB36UGoP4Y

Cobra Kai Ep 2 – 先に打て – 「ベスト・キッド」のサーガは続く (YouTube)
https://youtu.be/1Aoc-cd9eYs

映画『ベスト・キッド』では、ニュージャージーからカリフォルニアに引っ越してきた母子家庭の子供(ダニエル)が主人公でしたが、『コブラ会』では離婚して仕事もクビになりホームレス寸前の貧乏暮らしを強いられている中年オヤジ(ジョニー)が主人公となっています。主人公が入れ替わったものの、『ベスト・キッド』も『コブラ会』も“弱い立場の人間側のストーリー”という点は不変です。

記事執筆時点で再生回数はすでに1600万回以上となっていて、人気ぶりが伺えます。コメント欄にも「子供の頃の思い出が蘇る」、「想像していた以上に面白い」、「泣きそう」、「ラルフ・マッチオは吸血鬼か? 全然年とってないよ」、「『ベスト・キッド』シリーズを見直さないと」、「シーズン2が今すぐ必要だ」といった好意的なものが目立ちました。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=_rB36UGoP4Y

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。