体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ボドゲ『桜降る世に決闘を』のデジタル版キャストが新発表! ステージイベントに加隈亜衣&近藤玲奈が登壇!!

5月5日(土)、国内最大規模のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018春」にて、「BakaFire Party」の手掛けるゲームに関するステージイベント「BakaFire Party大発表祭」が開催。シナリオ型推理ボードゲーム『惨劇RoopeR』の舞台化決定や、眼前構築型決闘ボードゲーム『桜降る代に決闘を』の今後の展開、および今後リリース予定のデジタル版のキャスト公開など、様々な情報が明らかになった。

さらに当日はスペシャルゲストとして、デジタル版『桜降る代に決闘を』のユリナ役・加隈亜衣さん、サイネ役・近藤玲奈さんが登壇。それぞれが演じる役の印象を始めとしたキャラクタートークが行われた。

本記事では、当日の発表内容をまとめてお届けする!

『惨劇RoopeR』がユーザー参加の舞台演劇型ゲームに!

シナリオ型推理ボードゲーム『惨劇RoopeR』が、なんと『惨劇RoopeR Be Playing Stage Game』として舞台化決定! その立役者であるマーティー・ソリューションズ株式会社のたろいも氏(白塚祐太郎氏)が登場し、BakaFire氏の司会のもとイベントが進行した。

今から5~6年前、『惨劇RoopeR』にとことん惚れ込み、いつしか原作者であるBakaFire氏と交流するようになったたろいも氏。周りにゲームを勧めていくうちに、上司から「イベントにしたら面白いのでは?」と助言を受けたことで、今回の企画がスタートしたという。

『惨劇RoopeR Be Playing Stage Game』の特徴は、なんといってもユーザーが参加できる点。ゲーム版と同じくユーザーが時をループしながら事件解決を目指すというもので、重要な分岐点は“参加者自身が行先を選択する”。たろいも氏によると、「ボードゲームで味わえる没入感を舞台上で再現したい。舞台を経験すれば、1ゲーム遊んだ気になれるものを目指しています」とのこと。公演は2019年予定。

『桜降る代に決闘を』今後の展望を発表!

大人気ボードゲーム『桜降る代に決闘を』の発表では、デジタルゲーム版のディレクターを務める有限会社センキ・角田智氏が登壇。今回のイベントで発売となった新たなシリーズ『新幕 桜降る代に決闘を』の今後の展望について、いくつか発表があった。内容は下記の通り。

■拡張ごとにシーズンで区切る。第1期は5月18日~8月中旬
■最初の拡張は8月10日~12日のコミックマーケット予定
・ウツロがより魅力的になって帰ってくる
・まったく新しい拡張方法も登場
■「新幕」バランス調整の指針について(こちらは公式ブログ http://bfpblog.bakafire.main.jp/ 参照)

さらに、デジタル版をリリースするきっかけという話題では、『惨劇RoopeR』のたろいも氏同様にゲーム自体に惚れ込んだからだと角田氏。このゲームをもっと世の人に知ってほしいという思いから、企画がスタートしたという。

デジタル版において、特に力を入れているのが対戦部分。ボードゲームの永遠の課題ともいえる対戦相手の確保をしっかりとした上で、デジタルでしかできない大会やランキングなどのイベントも積極的に実装する予定だという。また、ボイスやエフェクトなどの演出面に関しても、大いにこだわると語った。

ここで、ゲストとしてユリナ役・加隈亜衣さん、サイネ役・近藤玲奈さんの2人が登壇。男だらけのイベントが一気に華やかになった。

それぞれが演じるキャラクターの特徴や自分との違いなどについての話題で盛り上がったあと、今回の目玉情報であるキャストの新発表が行われた。詳細は下記の通り。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。