体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イライラが爆発する前に!川崎流「自分の機嫌」の取り方~川崎貴子の「チーム家族」痛快コラム

イライラが爆発する前に!川崎流「自分の機嫌」の取り方~川崎貴子の「チーム家族」痛快コラム

仕事が終わってからも、家事に育児にと時間に追われ、気づくと寝落ちの日々…。家事も育児も積極的に行う男性も増えてきたとはいえ、「家庭のことは女性」という認識はまだ根深く、共働き妻の悩みは尽きません。そんな女性たちを応援するこの連載。女性のキャリア支援や結婚コンサルタントまで幅広く活躍中の川崎貴子さんから、家族を「チーム」としてとらえ、より効率的に日々を運営していくアドバイスをいただきます。

仕事に家事・育児、やることなすことうまくいかない日、ありますよね。自分の気分で周りにきつくあたってしまい、後で後悔したり…。

今回は「イライラが止まらない…自分の機嫌をどうにかしたい」という妻たちに向けて、自分の機嫌とうまく付き合う方法を教えていただきました。

私もかつて、機嫌が悪くなって家族を一瞬にして凍らせた記憶がございます。

その日は、寝不足のまま午前中に原稿を終わらせ、ランチミーティング後に取材や会議を時間通り切り上げ、バタバタと買い物に行って台所に滑り込みセーフ。

そして、栄養バランスや好みを考えて夕飯を作っているというのに、

「えー、今日和食やだなぁ」「○○苦手~」

などと娘たちに言われて、自分の中のどこかがプチっと切れ、何も言わず大きな音を立てて持っていた大根をまな板に置いてしまいました。

「無言の背中に、般若の入れ墨が浮かび上がるようだった…」

とは、同居している実母(料理苦手)談。

これは、私が大根おろし中の出来事であったことから「大根おろしの乱」として川崎家に伝承されていくことでしょう。

さて、落ち着いて家族団らんがしたかったのに、背中に般若を貼り付けていては本末転倒です。そして、後で後悔するんです。機嫌が悪かった自分に対して。仕事仲間でも家族でも、大切な人たちの前で不機嫌でいる事は、幸せな時間を自ら手放しているようなものです。

今回は、「更年期障害も手伝って、年々自身の機嫌コントロールが難しくなった私」が、働く母として日々実践している「自分の機嫌を取る方法」をご紹介したいと思います。

機嫌が悪くなる原因は複合体でやってくる

まずは、機嫌が悪くなる原因を探ってみましょう。

私の場合、仕事中に機嫌が悪くなることは殆どありません。自身の職業人としての決め事がただ習慣化したものでしょう。しかしその分、家庭に帰った時に「素」が、より出やすくなります。

では早速、さきほどの「大根おろしの乱」でイライラポイントを振り返ってみます。

私の間接的な不機嫌トリガーは「時間に追われていた事」と「大根おろし」でした。

18:00にはお腹がすく次女、18:30に帰宅する長女、22:30に帰宅する夫、と段取りを考えながら(9イライラ)、追われるように台所に立つと目の前に太い大根がごろりと転がっていました。実母が買ったもので、この大根を使う為にも今日は魚料理をメインにしたのです。

が、私は料理の中で一番、大根をおろすことが好きではありません。自分がメニューを決めておいてなんですが、「これから、この大根をおろすのかぁ」と思ったら疲れていたせいか、(6イライラ)ぐらいしました。

見渡すとリビングには、朝、娘たちに「片づけなさい」と言ったのに、片づけられていない物が散らばっています。(2イライラ

そこに、前述した娘たちの言動(3イライラ)がオンされて般若を背負ったということです。

このように、不機嫌はいつだってトリガーの「複合技」でやってくるのです。

自分が勝手に決めたルールを見直す

間接的な不機嫌トリガーの内容が分かり、自分自身が20イライラぐらいで不機嫌になるのだと自覚できれば、後は問題を解決するだけです。

一番のイライラ原因だった「時間に追われる事」に関して、夕飯は、私の仕事の忙しさに合わせて下記3パターンに定めました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。